紅音也


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「人生は短い。けど、夜は長い。」

【種別】 登場人物・出演俳優(TVシリーズ レギュラー登場人物)
【名前】 紅音也
【よみがな】 くれない おとや
【キャスト】 武田航平
【登場話】 過去編第1話
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

【人物】

仮面ライダーキバ紅渡の父、紅正夫の祖父。 天才バイオリン製作者であり元、天才バイオリニストでもある。なんで バイオリニストやめたのかは不明。
ストラディヴァリウスを超えるものを作りたいと、バイオリン工房を興して研究を重ね、バイオリン“ブラッディ・ローズ”を作り上げた。
現在は渡が受け継いでいるそのバイオリンが、なぜファンガイアの出現に反応するのかは不明。
音楽と女性を深く愛する、明るく楽観的な男。 ホースファンガイアとの交戦中津上カオルが呼んだ会社の部下に追われている
麻生ゆりと出会う。カモフラージュのため恋人のフリをして難を逃れたのだが、抱きついたのが運の月。女たらしのナンパ男
音也はほっとくはずも無く、ファンガイアとの交戦中も空気を読まずゆりに近づき口説き落とそうとする。
しかしなかなか落ちないゆりに音也の心は激しく燃えるのであった。彼女に近づきたいがために、あらゆる手段で攻めるが毎回撃沈する。
やがてゆりの所属している組織「素晴らしき青空の会」にも興味を示すが、あくまで組織に入ってファンガイアと戦う事が目的ではなく
ゆりとの距離を縮める事が第1の目的になっている。ファンガイアとの交戦は自分の中で許せない事やゆりを守るためにしか戦わない。
だがゆりもこんな音也の事をうっとうしいと思う反面、100あるうちの1くらいは良い部分をみることを無意識のうちにしていて自分のタイプ
ではないが多少は気にはかけている。

細かいことは気にしない自由な男。特技はすべての女性のタイプに適応し対象年齢は問わない。目標を定めるとその目標に向かって突き進むが、そのための努力を惜しまない。他人の力を利用せず、孤軍奮闘する有限実行の人。そんな人なのでよく誤解される。天才と自称するが天性の天才肌ではなく努力をして目的を達成する努力の天才。努力で経験した苦しみや喜びを自分も知らない間に他人に影響をあたえている。気がつくと紅音也という男に振り回されてはいるものの、悪い男ではあるが最終的にはいい人間との評価に着地している。終わりよければすべて良しになっている、とても不思議な人物である。空気は読んでいないようだが、意外と人の苦しみに敏感に反応する。

この世で嫌いな物は糸こんにゃくと自分に楯突く男。コーヒーが嫌い、ただし砂糖を大量に入れるとなんとかいける。好物はオムライス。子供が好む食べ物が好きなようだ。

一応、一般人なのだが常人を上回る身体能力を誇り、生身でファンガイアと互角以上に渡りあったこともある。また渡に憑依してしまった時にも不良を軽々と叩きのめしていた。その能力もあってかプロトイクサとして、数多くの敵対ファンガイアを葬っている。音也と真夜が結ばれることを阻止する為過去にやって来た渡との戦いにおいても、キバエンペラーフォームとはスペック的に相当の差がある筈のプロトイクサでほぼ一方的に渡を打ち負かすなど、(渡が父親相手に全力を出し切れていなかったという考え方があるにせよ)その戦闘センスの高さは特筆すべきものがある。過去初期はリジェクションに苦しむことが多かったものの、負担に慣れたのかプロトイクサが改良されたのか、最近は苦しむ事がなくなった様子。

TV版では2008年の世界の住民である名護啓介と対面(違う年代の人間同士が初めて対面したケース)。現代での異変の原因がプロトイクサ即ち音也であると疑っている彼と対峙する。奇しくも同じイクサ資格者同士の対決となったが、名護の一撃を軽々と受け止めていることから、音也の方が一枚上手の様子。ただし音也は名護に「まともにやれば、お前の方が俺よりも強い」と発言している。その後、「お前はもっと強くなれる」と珍しく他人を認める発言をした。もっとも、その後に名護がゆりを拉致したことで音也は再び名護と対峙することとなったが、ゆりとの見事な連携で彼を昏倒させた。ちなみに現代での異変の原因の半分は実際に音也(残りはファンガイア)にあり、名護の奮闘によって危うい状況が変わることとなった。


劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王】(劇場版 魔界城の王での時間も参照)

※「魔界城の王」の書き込みはコチラにお願いします。
「魔界城の王」では紆余曲折を経て2008年の世界にゆりと共に向かい、現代世界と息子である渡を守る為にプロトイクサに変身し、アークとレジェンドルガに挑むことに。性能面では現代のイクサに劣るプロトイクサながら、レジェンドルガ族相手に互角以上の戦いぶりを見せた。
ちなみに現代世界に来た際、当然ながら名護とも対面しているも、両者共にノーリアクションであった。

漫画版では突如、現代世界に登場。いつの間にかキバットの手引きで来た様子。登場早々早速、恵にアタックを仕掛けるも相手は連れない態度であった。その破天荒ぶりで渡だけでなく名護、白峰、嶋、キバットをも唖然とさせた。
その後渡と共に町へ繰り出し現代を満喫するもサヤカことメドゥーサレジェンドルガの襲撃に合い苦戦。おまけにアークに自我を奪われたキバに窮地に追いやられるも、バイオリンを聞かせ、渡を正気に戻す。
その後、プロトイクサに変身しメドゥーサレジェンドルガを瞬殺。

仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

※「クライマックス刑事」の書き込みはコチラにお願いします。


アドベンチャーバトルDVD

プレイヤーをキバとして鍛えるため、渡、名護と共に登場。
コミカルながら真面目にプレイヤーを鍛えようとする名護とは対照的に、特訓とは名ばかりの「遊び」を中心にプレイヤーに接する。
その為、名護とは漫才のような意見の対立をすることに。
終盤、キバとなったプレイヤーを助けるために名護と共に参戦。イクサとなり活躍した。


愛の救世主、ゆりへの道

  • 第1話 たまたま通りかかったらゆりに抱きつかれる。以後、ゆりにしつこくつきまといゆりに殴られる。天国と地獄を1度に味わう。
  • 第2話 バイオリニスト宮澤ひとみの警護のためマネージャーとして潜入したゆり。そこで音也と再開。「運命ってやつだな」 しつこく言い寄るが、また殴られむなぐらをつかまれる。そんなゆりに何かを感じる。オクトパスファンガイアに逃げられたあとに何事もなかったかのように近づきファンガイアスレイヤーを盗む。オクトパスファンガイアを追いかけ自分で倒そうとする。
  • 第3話 かわるがわる女性を軽い言葉で口説いていた音也の前にゆりが現れる。「おおっ運命の女か!」とよろこぶも前回盗んだ武器をただ取り返しに来ただけ。しかしピンチをチャンスに変える男、音也はゆりに腕をねじられるもくるりと体を回しゆりに抱きつく。
  • 第4話 「素晴らしき青空の会」の会長、嶋から音也の身辺調査をまかされたゆり。しかし自分が調査されているなんて思いもしない音也は自分に興味があると思い込み「愛がなければ出来る事じゃない」とほざきゆりに殴られる。ゆりはちょっと面白いかな的な言い方で音也に「ばーかっ」という。女に殴られるのも悪くはないと風呂の中でプチ反省会する音也。
  • 第5話 


シリーズ何とかの会

ゆりを落とすべく彼女に近づき所属している組織「素晴らしき青空の会」になんとかして入りたいと思う反面、
組織名はまったく覚える気がない音也の即興で作られた組織名。この件に関して会長の嶋もご立腹ではあるが
会長である自分にもまったく動じない音也の根性と叩かれてもへこまずすぐに立ち直る変な部分は興味を示している。
何とかの会 名称 使用話
何とかの会(未作成) 第6話
清々しき春風の会 第8話
素晴らしき麻生ゆりを愛する会 第9話
素晴らしきオムライスの会 第23話

【関連するページ】


紅音也の成分
  • 紅音也の76%は睡眠薬で出来ています。
  • 紅音也の19%は不思議で出来ています。
  • 紅音也の3%は真空で出来ています。
  • 紅音也の2%はアルコールで出来ています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。