トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長戸大幸/大黒摩季


かつてビーインググループに所属し、自身の代表曲の多くをその時期に生み出し、今でも多くの根強いファンをもつ大黒摩季。

当時、姿を現さず声のみが世間に届けられており、“実在しないのでは”と囁かれていたこともあった。
その謎に包まれた神秘性も彼女のブレークに一役買っていたに違いない。

これらの戦略を用い、最大限、アーティストである彼女の良さを引き出すプロデュースを行ったのは、ビーインググループ創業者にして、所属アーティストを自らプロデュースしてきた“長戸大幸”氏である。

音楽業界でプロデューサー業の草分け的存在といわれている長戸氏は、自らの経験と知識と感覚と感性で未知の領域へ挑戦し続けてきた。
プロデュースしてきたアーティストは、長戸氏の歩んできた歴史ともいえる。

まさに彼女は音楽業界で先頭を走ってきた長戸氏とともに、時代をけん引してきたアーティストの一人なのである。