※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

心か身体が完全に死んだもののこと。心のない鬼を【魂なし】、身体のない鬼を【魄なし】とよぶ。
一般的には【魂なし】の鬼を【鬼】と呼ぶ。二つに分けて呼ぶのは鬼狩りに携わっている一部の人間のみ。
鬼が生まれるのは誰かの強い未練。本人だったり、残されたものの未練だったり、未練が強ければ強いほど鬼が生まれやすい。

▼【魄なし】
【魄なし】は【鬼火】と呼ばれる精神が火の玉になり浮遊している。
鬼火は確認されているもので、赤、青、黄、緑、白、茶、黒、紫がある。
鬼火は色で能力がきまる。基本はただそこに「有る」だけの存在だが稀に記憶があったり、しゃべったりするものもいる。

▼【鬼火】
【鬼火】赤>火、青>水、黄>雷、緑>木、茶>土、黒>影、白>氷、紫>毒 が使える。

▼【魂なし】 【魂なし】はよくイメージされる角の生えた鬼。基本的に人や動植物に分類できない異形のモノのこと。
初期段階は死んだままの姿。第二段階にいくと身体の一部が変化する。最終的には身体すべてが変化する。
魂がないため記憶も感情もなにもない。ただ「存在」しているだけ。しかし稀に記憶の一部がもどったりすることがある。

▼【鬼が鬼狩りから奪うものの基準】
理由は様々だけど基本は鬼が生前「ほしかった」ものが多い。
あとは逆に鬼狩り自身が「大事にしてるもの」。これは死者(鬼)から生者への嫉妬。ただ、権利が鬼にあるため理由はあまり鬼狩りにはつたわらない。

▼【鬼が鬼狩りと契約するメリット】
鬼の体は能力にもよるが基本はもろい。鬼火も魂剥き出しなのでちょっとの攻撃でしぬ。
なので、鬼狩りと契約するときに奪うものが、鬼狩りと鬼を結びつけ、寿命を共有できる。
しかし鬼が死んでも鬼狩りは死なない。鬼狩りが死ねば契約中なら鬼も死ぬ。
また、メリットとよべるほどのことではないが、やっぱり鬼も元人や動物だし、なんなら未練の塊だからだれかと一緒にいたいだけ。

▼【四獣】
四獣の資料は四季にしかなく、一般には憶測や伝説レベルで伝わっている。

<<以下は四季による機密資料である>>
昔から伝わる「青龍」「白虎」「朱雀」「玄武」と呼ばれる伝説の鬼。朽ちる事のない特別な鬼。主人を転々として四獣であることを隠しながら生きている。
四匹揃えると願いを叶えてくれるといわれている。しかしあまり資料は遺されていない。
何百年も昔、一度だけ四獣は揃ったが何を叶えたのかは不明である。それ以来四獣の行方はだれにもわからない。
尚、四獣を持つ者から四獣を抜くことは持ち主の死を意味する。また、その力は強大であり、討伐は不可能とされる。