公式側の同人への見解


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■越えてはならない一線がある

同人イベントも同人誌も同人グッズも正確に言うと違法です。しかしファン活動の一環として公式からお目こぼしを貰っている状態です。その中でも同人グッズが最も危険度が高く、海賊版となる可能性が高いというだけです。2010年6月29日第70期定時株主総会にて、公式側は同人活動に対し以下のような見解を示しました。(以下は公式サイトより引用)

質問
「基本戦略の「ゲーム人口の拡大」と関連して、ファン活動と知的財産の扱いについて伺いたい。近年、210堂のタイトルを題材にした同人漫画やオリジナルショートムービー、バンド、コスプレ、ウェブサイト、オーケストラなどが活発だが、こういう知的財産、ライセンスを脅かす恐れがある場合は積極的に取り締まるのか、それともファンの活動であるということでそのまま見守るのか。何か方針があればお聞かせ願いたい。」

公式の回答
「まず、今のお話は非常に判断が難しい側面を持っています。知的財産を脅かす行為をあらゆる面で黙認しますとは、当然申し上げられませんし、一方で当社に好意を持っていただいて何かしただけで、まるで「210堂は自分を犯罪者扱いするのか」というような対応もまた不適切かと思います。表現の中には、私どもの知的財産の品格をおとしめるような明らかに度を越えたものや、あるいは事実と異なるものと組み合わせてその知的財産の世界観を破壊してしまうようなものも当然ありうるわけです。社会との中で折り合いがつき、私どもの知的財産の品格や価値がおとしめられない表現かどうかというのが、一つの判断点かと思います。ただ、判断が非常に微妙な要素も持っておりますので、一律にこういう線を持って私どもはこの場合はこうしてこの場合はこうしますということは申し上げにくいです。
 そういう意味では、すべての点でこのことについてオーケーですとは当然申し上げられませんし、どんな小さなものでも、ものすごい勢いで対応できるかというとそれはまた現実的ではないと思うんですね。逆に私どもも、インターネットを使って個人がいろいろな情報を発信できるような時代になりましたので、今日こういうお話をお聞きして改めて考えますと、こういう事例について、210堂だけが見つけるということは無理ですから、ここは210堂の知的財産の価値や品格を傷つけているのではないかということを感じられたお客様が当社の側に何らかの形でコンタクトをする窓口をはっきりさせることによって、それを感じられたお客様から210堂にお知らせいただいて、210堂がその後適切な措置をとるという方向を探らねばならないなと思いますので、そのような対応をこれから考えたいと思います。」