※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この世には時魔法ってモンがある。
時魔法って名前の通り、時間を操る魔法だ。例えば、対象の周りの時間を速めたり遅くしたり、停めたりなんかもできる。
コイツを使うには時魔道士って職業につかなきゃいけない。
俺がヤンチャを覚えた時からの憧れの職業だ。
ただ、時魔道士になるのだって簡単じゃない。
まずは黒魔道士として修練をつまなけりゃならない。
半年くらいは俺だってマジメにやった。だが、やっぱりコツコツやんのは俺の性に合わない。
半年もやれば、時魔道士の素養はそれなりに付いているだろう。
そう思って俺は役所にジョブチェンジを願いでたんだが、経験不足を理由に却下されちまった。
こうなりゃ奥の手しかない。
人間は、死ぬと生前の持ち物の入った箱か、生前の経験や記憶の詰まったクリスタルか、どちらかになる。
俺の狙いはクリスタルだ。時魔道士のクリスタル。
コイツを手に入れりゃ、面倒な修行をしなくてもすぐに時魔法が使える。
おあつらえ向きに今は戦争の真っ最中だ。
兵役についてる奴なんかはコロコロ死んで箱やクリスタルになる。
それも後で軍の連中に回収されちまうんだが、それは戦闘が終わってからだ。
戦闘中にかすめ盗っちまえば問題はない。
そんなこんなで戦場に張り付くこと一ヶ月。ついに、俺は時魔道士のクリスタルを手に入れた。
クリスタルから力が流れこんでくる。俺は時魔法、『ストップ』を習得した。