※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 砂浜近くの木陰で寝転がっていると、黒いセパレート水着姿の変な女に声をかけられた。
 「あなたはあと、2時間で死ぬわよ」
 「…人だ。すいません、食べ物を分けてもらえませんか?」
 「ごめんなさい、私は人じゃない、死神なの」
 空腹が過ぎて幻覚が見えるようだ。いや、この女が変なのだろうか。
 「その死神さんが何か用?」
 「とりあえず、このストップウォッチを押してみて。話はそれからにしましょう」

 渡されたストップウォッチを押してみる。まずは空腹が止んだ。そして辺りを見渡すと、
風が消えた。海の波が動かない。死神と名乗った女も動かない。立ち上がろうとすると、
急に空腹が戻ってきて体から力がぬけた。再び木陰で寝転がることになる。

 「そのストップウォッチは30秒だけなんだけれど、時間を止めることができるの」
 「…うん、それは分かりましたが…30秒で何ができるんでしょう?」
 「それは自分で考えなさい。とりあえずここに9個置いておくわ」
 手の届くところに9個のストップウォッチを置いた。

 死神と名乗った女は、隣に腰を下ろした。体育すわりで海をずっと見ている。
 「何を見ているんですか?」
 「流されてる」
 「…え?」
 「いや、私の連れがね」
 「…?」

 首を少し傾けて、海の方を眺めてみた。
 人が沖のほうに流されていた。

 「助けなくていいんですか?」
 「…まぁ、いいわ。自力で何とか…」沖へ流されてる人は、必死に手をバタバタしてこ
ちらに救難サインを送っている。「…なる…でしょう」無理でしょう。

 「それよりも、どうするの?あと9個ストップウォッチがあるけれど?」
 溺れている人はスルーされた。
 「そうですね…」少し、考える。「困った、何もすることが無いなぁ」
 「…でしょうね」
 第一、30秒時間を止めたところで、何をすればいいのだろう。

 「普通なら、このストップウォッチをどう使うんですか?」死神女さんに聞いてみる。
 「そうね…」死神と名乗った女は少し考える。「一番多いのは私を犯すことに、かな」
 「なるほど」
 確かに、この女の人も綺麗だからなぁ…。

 「最後に人と話せて楽しかったわ。ありがとう、死神女さんと、死神男さん」

 二時間後、親の借金でヤクザへ売られて売春婦となり、最後に島へ流されたその女は
安らかな顔で死んだ。ストップウォッチはまったく使わなかった。
 「お墓を作ってあげましょ」私は言う。
 「そうだね、このままじゃ可哀想だ」
 木陰に穴を掘り、痩せ細った女の遺体を埋めてあげた。
 死神二人で、彼女の冥福を祈った。

 「さて、せっかく海に来たんだから、もう少し泳いでいこう」
 この男は先ほど溺死しかけたことを忘れているようだ。
 「あなたはそこで砂のお城でも作っていなさい」
 「ひどいよ、デス…」
 と言いつつも、お城を作り始めた。
 さて、私も少し泳ごう。少しは気分が晴れるかな。