クロム&ルキナ

クロム  出典:ファイアーエムブレム 覚醒
ルキナ  出典:同上

初登場ステージ:プロローグ5/正式加入:20話

  • 能力値
1Lv 25Lv 50Lv 99Lv
HP 2588 48617
ATK 65 751
DEF 46 399
TEC 24 274
DEX 24 284
移動範囲:5
攻撃範囲:2

  • 技性能
技名 分類 習得Lv 追加効果 攻撃力 XP上昇 ブロック破壊力 最大hit数 備考
二振りのファルシオン 通常技 初期 - A 4 22 7
レイピア&回転斬り 通常技 初期 C 9 22 13
キルソード&花嫁の槍 通常技 7 - A 4 36 7
サンダーソード&反転斬り 通常技 15 C 7 14~18 10
グラディウス&勇者の弓 通常技 25 B 5 72 8
炎の紋章・覚醒 必殺技 初期 S - - 15
流星の花嫁 複数技 27 - S - - 8×敵の数 対象:2体
範囲:2
デュアルアタック サポートアタック 初期 B 14 45 21

ALL:味方全体 / ALLY:いずれかの味方を指定 / OTHER:自分以外の味方を指定 / SELF:自分
  • スキル
スキル名 習得Lv スキル効果 消費SP 対象 備考
ノーブルレイピア 初期 ブロックダメージ↑50% 30 SELF
ガイアの高級菓子 33 最大HP・最大SP↑50% ATK・DEF・TEC・DEX↑10% 100 ALLY
剣の素振り 初期 獲得CP↑25% 50 SELF
裏剣ファルシオン 初期 HP回復:40% 20 SELF

  • オートスキル
スキル名 習得可能Lv 習得必要CP 発動条件 スキル効果
王の器 45 700 ターン開始時:ラウンド7以上 スキル消費SP↓25%
カリスマ 初期 - ターン開始時:XP120以上 クロス延長
物を壊す癖 30 400 行動後:発動スキル効果5種以上 ブロッククラッシュダメージ↑50%
天空 40 600 行動後:倒した敵15体以上 HP吸収
背中合わせ 19 300 ターン開始時:確率100% バックアタック無効
笑いのツボ 37 500 ターン開始時:確率30% コンボXP回復量↑50%
デュアルアタック 初期 - 行動後:敵残り10体未満 反撃参加

  • 技説明
○/二振りのファルシオン
吹き飛ばし方向・上 クロスブレイク・不可
やや大振りで発生はやや遅い。
威力A技その1。
右技と違ってブロック破壊は苦手だが、安定性はある(詳しくは右技で)。
赤ミラキャンポイントは、クロムの斬り攻撃の二段目ヒット直後~下がろうとする瞬間(Ver.1.2)。
こちらが4ヒット、右技は3ヒットでキャンセルするので、総合火力目的だったらおそらくこちらを使ったほうが上回る。

←/レイピア&回転斬り
吹き飛ばし方向・上 クロスブレイク・不可
攻撃密度はかなりあるが、重い敵は途中で接地してしまう。
クロム&ルキナの中ではXP回収率がよく、赤ミラキャンまでに気絶判定が2回もあるため、ミラキャンコンボの技として最適。
赤ミラキャンポイントは、クロムが回転斬り後に地面に着地した瞬間~ルキナが構えたサンダーソードを天に掲げきった瞬間(Ver.1.2)。
赤ミラキャンまでの攻撃では、どの重さの敵にもフルヒットするのでコンボを繋げやすい点が魅力。

→/キルソード&花嫁の槍
吹き飛ばし方向・上 クロスブレイク・不可
始動が似ているN技同様、こちらも発生はやや遅めだがN技よりは体感的に早いか。
威力A技その2。
AとはXP回収率とヒット数が同じ。
それ以外にはブロック破壊値と攻撃密度が異なる。
前者はルキナの銀の槍で20ぐらい一気に削れるので、30以下で下技習得前だったら採用価値あり。
後者は、こちらは軽い敵がやや苦手で、高い位置で拾うとクロムのトドメが当たらずにスカって落とすときもある。
届け!(スカッとなりやすいので、軽い敵の場合はA技に任せたほうがいいかもしれない。)
重い敵はどちらも途中で地面に接触するが、フルヒットするのでそこまで変わらない。
威力もヒット数もほとんど同列なのでお好みで。
赤ミラキャンポイントは、クロムのジャンプ斬りの際、画面中央ぐらいまで飛び上がった時~着替えたルキナが槍で突撃する瞬間まで(Ver.1.2)。
全体で見れば3ヒット目。

↑/サンダーソード&反転斬り
吹き飛ばし方向・上 クロスブレイク・可
リュウ&ケンや春麗&シャオユウやゼファー&ヴァシュロンの上Aと同じく投げ技のため、ブレイクの直前にクロスヒットをさせないと吹き飛ばない点に注意。
タイミングとしては、手槍が画面の端に行きルキナが剣を構えた瞬間にソロを呼び出すと、ブレイクでうまく吹き飛ばすことができる。
重いまでの敵にはフルヒットするが、軽い敵には最後の投げ攻撃でスカるで注意。
赤ミラキャンポイントは、クロムの投げた手槍が敵の後ろの空間に飛んでいる~地面に突き刺さって消えた直後の間(Ver.1.2)。

↓/グラディウス&勇者の弓
吹き飛ばし方向・横 クロスブレイク・可
発生は遅め。
上技が特殊なので、実質的に有効なクロスブレイク発生技。
クロム&ルキナを支える重要な技といっても過言ではなく、これを覚えるまでブロック破壊が苦手であったこのユニットの始動として最適。
しかし軽い敵が死ぬほど苦手で、ほとんどの場合最初のルキナの弓矢が当たらず途切れる。
もし当たって継続してもクロムの槍投げで当たるのだが、吹き飛ばし効果のある最終段がなぜか当たらず落とす。
ただし相手にブロック値がある場合はその限りではなく、ちゃんと最終段まで持って行ってくれる。
クロスブレイク発生技なので、威力を少しでも求める場合には、うまく合わせてクリティカルとクロスブレイクを狙いたい。
赤ミラキャンポイントは、クロムの槍の振り上げ攻撃がヒットした後~ルキナが矢を放った瞬間(Ver.1.2)。

サポート/デュアルアタック
吹き飛ばし方向・縦 クロスブレイク・不可
初段の派手なモーションによってクリティカルが狙いづらい。
普通以外の敵にはフルヒットせず、超重いにいたってはどう当てても地上に落としてしまう。
折角の反撃参加スキルもこれでは宝の持ち腐れなので、重さ無効スキル付きの装備で補っておきたい。

複数技/流星の花嫁
対象・2人 範囲・2
ウエディング。
総合ダメージは、同規模の複数技の中では最低クラス。
しかし、対象数が少ないだけあって高火力と言えるだけのものはある。
桐生&真島と同様に、威力を強化するスキルがない点が痛い。使用するならソロによるスキルの活用が重要になってくる。

  • ユニット解説
任天堂からのまさかのゲスト参戦。
(よく物を壊すのだが)ブロック破壊率は意外にも低めなのが多く、下技習得まではスキルと右技で代用しておくといい。
下技を習得してからのSPの使い道は、「ガイアの高級菓子」や「裏剣ファルシオン」がベター。
前者は消費がバカにならず少々長めのターンを要すが、スキル消費量を1/4減らしてくれるスキルも習得してくれるので、支援にも長ける。
「ガイアの高級菓子」は、貴重なTEC・DEXを上昇させる支援スキルなので敵が固くなっていく後半ステージではありがたい。

技は攻撃的なのが多く、気絶付与技2つに威力A技2つと、うまく使えば毎ターン気絶とA技のチャージ攻撃が可能。
オートスキルは、内容はいいが発生条件がやや厳しいものが多いのでソロに左右されやすい。
強化は高性能な左A、威力が高いAや右Aを優先するといいだろう。

  • おすすめコンボ

  • (事前に「ノーブルレイピア」をかけておき)右A→左Aor上A→適当
下A習得までの代用。この中では一番ブロック率の高い右Aを始動として、チャージのかかってる気絶技で連携。
後はお好みで。
  • 下A→左Aor下A→Aor上A→(必殺技)
下技習得後。
破壊後は、チャージのかかっているほうの気絶技とA技を使ってダメージを優先していく。
気絶がかかれば、その後の技のクリティカルもろともダメージが大きくなるのでオススメ。
ブロック値0の軽い敵には下Aは封印。チャージのない技で始動するといい。

  • 緋花
  • 下Aでクロムがグラディウスで赤い切り上げをした時にソロ呼び出し→クリティカル狙いで左A
  • 上Aでルキナが剣を構えた時にソロ呼び出し→クリティカル狙いで左A
緋花が2回目の回転攻撃するまでに再度クロスヒットさせたら成功。
後半の技は、ややひきつけることがコツ。
中型~大型の敵を落としやすい事に注意。
  • 上Aでルキナが剣を構えた時にソロ呼び出し→クリティカル狙いで下A→クリティカル狙いで左A→左Aを赤ミラキャン
中型~大型の敵を含めた対策。
赤ミラキャンした技もフルヒットする。
3回クロスブレイク可能。


  • エステル
  • ソロアタック→左A→Aまたは左A拾いループ
中量級以下に。

  • おすすめソロ

  • 緋花
互いのXP回収率上昇スキル(オート)が噛み合い、最大160%まで上がるため、ミラキャンユニットとして最適。
←Aがミラキャンコンボとして重要になってくる。
何より、「天空」や「太刀[現世]」、「忍術・雷陣」が重なって発動しやすい。発動したときには状態異常が効かない無限機関として頼もしい活躍をする。
運用としては、行動後にXP100未満になるように意識すればいい。

  • コメント
名前: