作品概要

2005年5月26日に発売されたシミュレーションRPG。
開発はモノリスソフト。カプコンの許諾を受けてナムコ(現:バンダイナムコゲームズ)が製造。
ナムコとカプコンがタッグを組んだクロスオーバー作品。当時の新規タイトルのゲームや懐かしのレトロゲームのキャラクターが登場し、敵側を含め総勢200名を超えるキャラが登場している。
ストライダー飛竜や三島一八など前作「PXZ」で共演はしてないが、コチラでは共演している為顔見知りである。

シナリオ担当は今作でもシナリオを手掛けている森住惣一朗。「スーパーロボット大戦」シリーズのシナリオを手掛けている人でもあり、小ネタ等の仕込みが得意で今作でもたっぷりと堪能出来る。

システム面も「PXZ」とほぼ同様、と言うよりも今作「PXZ2」の基礎になっている。
十字キーとボタンを組み合わせての攻撃、3種類の防御、まとめて攻撃できる複数技などほとんど一緒、複数技は2つのユニットで出したりと作品を超えた協力技も多い。

BGMは基本的にアレンジ、ディグダグやロストワールドなどのレトロ系はアレンジ色が強くなっている。
仲間はロボ娘・特殊部隊・キョンシー・亜人・魔族・騎士などキャラのメンツは濃くて奇人変z...個性豊かとなっている。特に「ディグダグ」のタイゾウはイケメン化でCV:古川登志夫というだいぶインパクトのあるキャラとなっている。プクプクポンッといっちまいな!

物語は世界に混沌をもたらす組織「逢魔」とそれに対抗する特務機関「森羅」のエージェントの有栖零児・パートナーのシャオムウが次元を超えて様々な世界を繋いでしまう「ゆらぎ」を追い、様々な世界で出会う仲間達と出会い、協力して事件の黒幕を追っていく...
シナリオは原作とオリジナルの世界観の競演、作品を超えたクロスオーバーと評価が高い。ネタは分かる奴いんの?と思うぐらいのマニアックなネタも多い。OPはプロダクションIGが制作、OP曲の「すばらしき新世界」は古代祐三が手掛けており、人気も高くゲスト参戦した「無限のフロンティア」や「PXZ」でも使われている。


登場キャラクター

・有栖零児


・小牟(シャオムゥ)


・沙夜


・毒牛頭


・毒馬頭


シリーズ一覧

NAMCO X CAPCON (2005年5月26日)
無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ(2008年5月29日)※ゲスト参戦
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ(2010年2月25日)※ゲスト参戦
PROJECT X ZONE(2012年10月11日)
PROJECT X ZONE2 BRAVE NEW WORLD(2015年11月12日)