アクセル

アクセル・ストーン 出典:ベア・ナックルシリーズ

初登場ステージ/正式加入:第11話

  • 技性能
技名 分類 追加効果 攻撃力 XP上昇 ブロック破壊力 最大hit数 備考
ドラゴンウィング ソロアタック A 14% 80% 20 フィニッシュのドラゴンウィングで横クロスブレイク可能

  • スキル
スキル名 スキル効果 消費SP 対象 備考
怒りの鉄拳 ATK100%UP 150 SELF
死闘への鎮魂歌 XP100%増加 100 SELF

  • オートスキル
スキル名 習得必要CP 発動条件 スキル効果
後方攻撃 750 行動後:味方が敵より少ないとき バックアタック無効
はがいじめ 1000 ターン開始時:発動スキル効果5種以上 クロスヒットの硬直延長
気のチャージ 1250 行動後:XP100以上 チャージボーナスダメージ20%増加
マーシャルアーツ 初期 ターン開始時 重さ無効
協力技 500 ターン開始時:XP50以上 反撃参加

  • ユニット解説
最大の特徴はATK100%UPの「怒りの鉄拳」。
消費が150と莫大だが、他の火力アップスキルでは強化しづらい複数技の強化ができるのは注目。
巻き込める数が多いほど、実質的な消費を抑えることができる。
アクセルと組むペアユニットは、必ず装備で最大SP150以上を確保しておこう。
「死闘への鎮魂歌」もXPが50%以下なら必殺技K.O.によってSPを一切消費しないで必殺技を使用しつつ、ゲージ回収ができる有効なスキル。

ソロアタックは状態異常を付加しない代わりに高威力。
敵を余り浮かせないためクロスブレイクを狙いやすく攻撃ごとに間が空くため、そのタイミングでブレイクすれば吹き飛び時の攻撃ミスを減らすことができる。
また、ブロック値80%減と下手な壊属性より効果が高いがアクセルのソロをブロック削りに用いるのは少々勿体無い。

対ボス用アタッカーとしての運用が基本となるので、オートスキルは「気のチャージ」か「マーシャルアーツ」が最優先。
スキル枠が増えたら後はお好みで。
貴重な重さ無効スキル持ちなので、どの敵に対してもコンボが安定する点も大きい。

  • おすすめペア

  • クリス&ジル
機動力こそ補えないが、重さ無効スキルのおかげで全ての敵に安定してコンボが入るようになってくれる。
移動力が低いので滅多に狙えないが、「ネックツイスト」+「怒りの鉄拳」からのバックアタックという強力な一発もある。
上記のスキルを使用すれば、複数技による中ボスクラスの敵の撃破も可能なので活躍の幅も広がる。
チャージ技UPスキルが無駄なく重なるため、後半戦の火力が頼もしい。

  • ダンテ&バージル
ダンテ側が「兜割り」を覚えてからなら有効なペア。
自前の火力アップスキルを持たないうえ、複数技が優秀なので相性はよい。
一部スキルが被ってしまうが、効果が途中で切れたり発動条件が厳しかったりするので、そこまでのマイナスではない。

  • アキラ&影丸
多少無駄が出るが、3回クロスヒット可能なコンボルートが存在する。
このペアは自前で火力を強化できるが、複数技が優秀なので雑魚の群れとボスとで火力アップスキルを使い分けることができるのは利点。
EP時は「ディフェンシブムーブ」と「後方攻撃」でサイドとバックアタックを無効化し、「葉隠流・陽・十文字構え」で厄介な状態異常を防ぎながら、HPの続く限り「武道の心得」で消費を抑えた反撃をし続けるという戦法も可能。
機動力は改善されないので、そこは他ユニットの支援か装備でどうにかしよう。

  • シエル&ナナ
耐久力が困難なこのペアにとってボスクラスの敵はさっさと処理したい。
そんなときに、アクセルのATK上昇スキルやチャージ威力上昇スキルが役に立つ。
後は、このペアのZOC無効スキルや射程UPスキルを使用すれば大抵の難所は突破できる。
重要なのは、SP消費が多いのでどのように回収していくかと、被弾をどのように減らすかの2点。

  • コメント
名前: