※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Linuxネットワークの設定

「ネットワークデバイス」
  # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    DEVICE=eth0 (インターフェース名)
    BOOTPROTO=none (手動設定[=dhcp,=static])
    BROADCAST=10.***.***.255 (ブロードキャストアドレス)
    IPADDR=***.***.***.*** (IPアドレス)
    NETMASK=255.255.255.0 (ネットマスク)
    NETWORK=10.***.***.0 (ネットワークアドレス)
    ONBOOT=yes (サーバ起動時に自動起動)
    GATEWAY=10.***.***.1 (デフォルトゲートウェイ)
    TYPE=Ethernet (イーサネットタイプ)

「サーバのネットワーク環境」
  # vi /etc/sysconfig/network
    NETWORKING=yes (ネットワーク使用有無)
    HOSTNAME=***** (ホスト名)
    DOMAINNAME=****.****.**** (ドメイン名)
    GATEWAY=10.***.***.1 (デフォルトゲートウェイ)
    GATRWAYDEV=eth0 (ゲートウェイを有効にするインターフェース名)
    FORWARD_IPV4=false

「ホスト名とIPアドレスを対比させる」
 ※記述する順番 [IPアドレス] [ホスト名] [エイリアス]
  # vi /etc/hosts
    127.0.0.1 localhost ***** (ループバック)
    10.***.***.*** ***** ***** (自分自身)

「DNSサービスにおけるクライアント設定」
  # vi /etc/resolv.conf
    nameserver ***.***.***.*** (1台目のDNSサーバのIPアドレス)
    search ****.****.**** (検索で使用するドメイン名)
    domain ****.****.**** (ドメイン名)
  ※↑これで一まとまり、複数の場合はこの下に追加していく

「上記リゾルバが名前解決を行う時の優先順位」
  # /etc/host.conf
    order hosts,bind (名前解決の優先順位[①hosts → ②DNS])
    multi on (同一ホストに複数のIPアドレスが割り当てられていても可)

「ネットワークサービスの再起動」
  # /etc/rc.d/init.d/network restart
  # shutdown -r now (リブート)
  # shutdown -h now (シャットダウン)
  # shutdown -s now (シングルユーザーモードで再起動)