第5章 修行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第5章 修行



まず、勝つために取り組んだこと


それは、 流し打ち


ただ打っていたのでは打率も上がるわけもなく、得点にも結びつかないことに気づいた。

やはり、野球は打ってナンボのゲームなのだからね。


まず、試合で普段よりもボールを引き付けて打つことを心がけた。


そうすると、空振りかファールになった。



ここで、気づいた。





ファールを打てば打つほど、相手投手の球数が増えて相手投手が疲労するではないか。





ここにカットマンが誕生したw




しかし、これだけではダメだった。



ボール球を振っていたのでは、相手を楽にさせるし、ヒットにもならない。




そして、次に取り組んだのが



見極め、選球眼



とにかく試合数をこなして、相手投手のリリースの際の軌道を見ることによって、ストライクとボール球の分別がつくようにはなった。



そして、ここに





真のカットマンが誕生したw





しかし、しかし




打つほうはよしとしよう




けど、次は投げる方だ。




恥ずかしい話、実は昔は2度曲げを使用してました。



なんとも衝撃的でしたよ


2度曲げを使用することにより、相手側の画面ではボール球がストライクの判定になる。



これを知ったときは、頭をカナヅチで殴られたくらいの衝撃でしたw




2度曲げを使用して、勝ってきたことに恥ずかしささえ感じました。




暴言も吐いてて、2ちゃんにも晒されてたらしいですw




若かったですw




2度曲げ禁止となってからの、投球はかなり苦労しました。




そして、今もなお投球に関しては試行錯誤なことが多く、解説できるようなことはないので、書きませんw



ある意味企業秘密w










こういった修行を重ねた結果




公式戦でも勝率は9割を軽く超えるようになり




ある程度コネ杯でも、それなりの成績は残せるようにはなった。



しかし、新たなる強敵が現れた




今は亡き、 精密機械「Mumtaz Mahal」 である。



彼はコネクトの主要メンバーである、トラ大佐、銀楼、ZZR250(現在は不明)の歴代優勝者又は優秀成績者たちを、初参加ながら、次々と撃破し、初参加初優勝をなしとげた、伝説のプレイヤーである。



自分も、その大会では対戦することはなかったので(2回戦敗退w)練習試合を申し込み、返り討ちにされたのであるw



後に、彼とは良きライバルとなり、彼が引退するまでに数々の死闘を送ってきた。。。







|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|