第6章 覚醒

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第6章 覚醒


大会にも慣れてきて、欲が出てきたオレゴン。



コネのメンバーだけではなく、他のサークルの猛者達ともやり合いたい。。。。



そんなときに、開催されたのが





コネクト、FOA共催大会 である。




FOAと言えば、かなりの猛者たちが、コネクト並に大会を開き切磋琢磨してるサークルと聞いていた。



その中でも、、 クアトロ大尉、まゆたろう、マメ太 の3人はズバ抜けて強いと聞いていた。


そんな中、自分もコネクト代表として出場することができた。


1回戦では必ず、コネ VS FOAのカードが組まれた中、次々とコネ勢が負けていった。


あの精密機械マハルもまゆたろうの前に初戦敗退。。。








しかし、自分は生き残った!


1回戦で散っていった、仲間のカタキを取るべく、



アツき男オレゴンが、奇跡の躍進を見せる!



続く、2回戦でFOAオーナー、クアトロ大尉との対戦となった。


しかし、執念の粘りを見せての金星!




そして、なんと準決勝で数少ないコネの生き残り同士の対決



オレゴンVSブレス



お互いに手の内を知り合ったなかでの勝負。



今までの対戦成績では、オレゴンが大きく負け越してきた。




しかし、修行を重ねたオレゴンはここでもまた金星をあげる!



なんと、なんと





大会前の下馬評を覆す、まさかの決勝進出となった。




そして、決勝の相手は





FOAの中でもNo,1の呼び声高い、 打撃の神「まゆたろう」 との決勝戦!




しかし




今までの勢いに乗ることも出来ずに、1-3の惜敗。。。




しかし




共催大会の優勝は、逃したものの




コネクトにカットマンオレゴンあり



との、名を上げることを出来た。



自分にとって1番大きな大会となったのを今でも鮮明に覚えている。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|