第7章 壁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第7章 壁



共催大会から


自信をつけた、オレゴンであったが


ひとつの壁にぶち当たった


それは、今でも超えられていない壁である。



コネクト杯、未だ優勝経験なし (正確に言えば1回あるw)



予選は1位通過など、予選は毎回のようにあっても


決勝Tではあえなく撃沈。。。




なぜか、勝負どころで負けてしまう日々が続いていました。




さらに追い討ちをかけたのが




後の相方である、 「UCN」 であるw



彼との初対戦




初めてブレス戦をやったときの衝撃が待っていました。。。




全てライン際に落とすバッティングテクニック+選球眼!



度肝抜かれて



数週間立ち直れませんでしたw



さらに、彼の笑いのセンスにも度肝抜かれました。




笑えなさすぎでした。。。





冗談は、さておき。




ここで、プレイスタイルの変更を考えました。




流し一本だけでは、限界が見えてきたのが現状でした。




マハルを始めとする、上級プレイヤーになると、上手くカットをさせてもらえずに三振の山を築いていました。




そこで!





一撃必殺!引っ張り!





の習得に努めました。




さらに、リアルではある事情により、働くことになり




お金の自由が利くようになり




微課金→ 中課金 重課金



と、変貌をとげました!w




そして、数々の大物カードを収集することに成功し、




オレゴン流パワーベースボール!



の形を築き上げることに成功しました。






さらに、その成果を試すべく



「~オレゴンの挑戦~」 を開設することになりました!



ここのサブタイトル通り


己の強さを知るため、息を飲むようなアツイ勝負を求めるため に開設しました。



そして、数々の死闘を猛者の皆様とやってこれるような企画となりました。






さらに




そんなS級猛者達が集った大会



大振太郎主催   FOFA チャンピオンシップトーナメント



の、招待状をもらい




満を持してこの大会に臨んだのである。






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|