見極め

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





見極め









~ステップ2 投手の手元の軌道でコースを読め!~




前章の流し打ちのタイミングは掴めただろうか?


ここでは、さらに流し打ちを完全習得するための


見極めについて書いてみる。





まず、見極めで大切なことは

相手投手の手元の軌道を見ることだ。




参考図1



赤枠 の部分に注目してほしい

投手からボールが放たれるとき、ここの角度でだいたいの方向が決まる。

参考図1での、 、黒、 の大きく分けて3方向に投げ分けることができる (厳密に言えばもっとあるが。。。)

投手の変化量のパラメーターで変化幅に差はあるが、球の出所はほぼ一緒だろう。


さらにこれを踏まえて

投手は左右にプレート移動をする。


右端に寄った場合

ストライクになる可能性のある軌道は、 と黒
ボールになるのは、外に外れる

左端に寄った場合

ストライクになる可能性のある軌道は、 と黒
ボールになるのは、外に外れる


要するに、球の出所とプレートの位置に注意すれば、だいたいのコースがわかり

見極めをする目安となることがわかるだろう。







~ステップ3 直前曲げを見逃すな!~





しかし


投球上級者になってくると、 直前曲げ を使用して芯を外しにかかってくる。




参考図2




参考図2の の方向に曲げてくるのが、 直前曲げ だ。

ステップ2の手元だけの軌道(黒)だけで見切ってしまうと、まんまと相手の術中にはまり詰まらせてしまう。

そこで、手元だけの軌道だけで判断せずに最後まで、ボールの曲がる方向を追う必要もある。

それが、困難な場合はステップ1のタイミングだけで、流すことも可能ではある。




ステップ2でも言った通り、ここでもプレート位置は重要である。


右端に寄った場合

ストライクになるのは、真っ直くる黒、中に入れる
ボールになるのは、外に逃げていく


左端に寄った場合

ストライクになるのは、真っ直くる黒、中に入れる
ボールになるのは、外に逃げていく



ステップ2,3を合わせただけでも、これで18パターンの投球コースがある。


さらに、微妙なプレート位置、曲げる最中に方向キーを放して曲げる量を加減する 放し曲げ 、忘れてはいけない フォークボール etc...

すべて会わすと50通り以上の投球コース、球種が存在するのだ。







~ステップ4 相手の配球を読んで見極めろ!~


すべてのコース、球種を把握して打つとなると、かなり困難なことだ。

自分の見極めの判断に手が負えないとなった場合は


配球を読む!


試合が進むにつれて、相手の投球パターンを把握することも大事なのだ。


初球に、このコースから入ることが多い

追い込んだら、必ず一球外しにかかってくるetc...


かならず、どんなプレイヤーにも投球のクセがきっとあるはずだ。


そして、野球というスポーツはストライクを取りにいかないことには始まらないスポーツ。


かならず、ストライクがくるのだ。


そのストライクを見逃さず、いかに捕らえてヒットにするかが


1ゲーム、1ゲームの勝負を判断するのではないだろうか。













以上




ここまでのステップを全てマスターすれば、全国大会優勝が現実味を帯びてくるだろう。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|