第14章 奇跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第14章 奇跡













8月1日 早朝6時







オレゴンは不思議と自然に目が覚めていた。







待ちに待った、 予選最終順位 を確認するためだ。







この日をどんな思いで、待ったことだろう。








やるだけのことはやった。









それで、ダメならオレゴンとはそこまでのプレイヤー









実力がなかったと認めるざるを得ないのだ。








最初はマイナス思考で、パソコンを起動した。









ファミスタにログインし、少しの間深呼吸をした。









静かな朝に、自分の鼓動だけがやけに耳に響いた。










そこに待っている結果がどうあれ、決まっていることなんだ。









オレゴンは覚悟を決め、ランキング画面へとマウスを動かした。










そして





























次の瞬間







































オレゴンは目を疑った
































公式戦 2008限定①  8オレゴン












































50位



































なんと!!!













決して見間違いではなかった。





朝早いせいもあって多少寝ぼけていた、オレゴンの目が一気に覚めたのだ。










何度見ても





50位 という文字が、8オレゴンの順位についているのであったのだ。










キターーーーーーー!!!!












オレゴンは歓喜に沸いた。









その場にログインしていたメンバーとその喜びを分かち合い











仕事へと出勤したので、あった。














うれしすぎて、仕事も手につかなかったのもまた事実であるw















その日の夜








オレゴンを待ち受けていたのは、喜びの声であった。










「奇跡だ!」

「すげー!!!」

「おめでと^^」











思わずにやけてしまったw















































さて、ここからだ!













無事、奇跡的に予選を通過したものの












この大会に臨むに当たっていろんな疑問があった。













まず、第一に ゲームパットの使用が可能なのか どうかだ。









オレゴンはパットプレイヤーなので、ここは一番重要なポイントであった。







その他にも、2度曲げの有無、ゲーム方式、PCの環境、当日の会場の環境etc,,,








第一回大会ということもあり、疑問点はたくさんあった。












とりあえず、思った疑問点を運営側に確認のメールを送信した。











数日後









返信があり、その返信内容は愕然としたものだった。












ゲームパットの使用不可orz
















一瞬、大会への情熱が失われた。。。。














これじゃあ、実力が出せない。。。。

















ファミスタ始めた当初は史の最初でも紹介したように



オレゴンはキーボードプレイヤーだったのだ。



しかし、コネクトのメンバーの奨めもあり、ゲームパットに変更し



それから、ファミスタの技術が磨かれていったのも事実であった。











予測はしていたことだが、現実となると厳しいものがあった。














あきらめきれずに






「予選でのパット使用者が多数いると推測され、本番でも同様に制限なく使用可に。。。。」






との訴えを、再度送信したのだ。






しかし、結果は同じことだった。






















オレゴンは、ここはあきらめて















素直にキーボードでの特訓を始めたのだった。。。































やれやれ。。。。。。






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|