第18章 飛躍 後編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第18章 飛躍 後編








オレゴンにとって










初の全国の舞台












緊張しない訳がなかった。












ローディング画面に入った途端











緊張はピークに達していた。











高まる鼓動





震える指先






自分でも緊張しているのが十分に伝わっていた。













スイング、見極め、投球





全てにおいて




動きがぎこちなかった。













そんな緊張した中でも





徐々にペースを掴んできた。














全国の空気に慣れ始めてきた




3回




オレゴンが先制に成功した。






先制点を挙げたことにより








緊張から一気に解き放たれた。









回を追うごとに









自分のペースを掴めてきたのだ。






懸念していた、2度曲げも





相手は使用してこなかった。





非常にクリーンだった。






1回戦を見ててもわかっていたが






スギヤンマは相手の2度曲げに耐えかねて





しかけていたのはわかっていた。






本当のプレイスタイルは






クリーンな正統派なんだということが






試合をして改めてわかった。
















互いに力を出し合い








迎えた終盤戦。









点差はオレゴンが徐々に追加点をあげていき









ある程度の点差が開いてきた。










ここでオレゴンの 悪いクセ}が出た。










集中を切らし










楽にアウトを取ろうと投じた一球










見事にはじき返され










ホームランを浴びてしまったのだ。






ハッとした。







ここは全国の舞台。







ひとつの油断が命取り







オレゴンは自分の愚かさに気づいた被弾だった。













そして








集中を取り戻し








なんとかオレゴンが逃げ切った。









8オレゴンVSスギヤンマ




8オレゴンの勝利!








試合終了後





オレゴンは深く呼吸をした。





改めて緊張から解放された安堵感で一杯だった。





そんなオレゴンに対戦相手のスギヤンマが声をかけてくれた。






「強いです^^; 完敗でした^^;」






互いにガッチリと再度握手を交わした。
















さすが、全国大会







簡単には勝たせてはくれなかった。。。






































オレゴンが試合を終え、







隣のPCを除き込むと





まゆたろうが試合をしていた。





この勝者が次のオレゴンの対戦相手だ。















「まぁ、まゆたろうが勝つだろうな。」






まゆたろう戦を乗り越えれば





優勝も見えてくるはずだ。。。






どうにか、まゆたろうには食らい付いて







勝ちたいものだ。。。





果たしてオレは







まゆたろうに勝つことができるのだろうか。








そんな思いで試合を観戦していた。

































しかし!





























波乱が起きた!


























え?
















まゆたろうさん、負けたの?





























なんと、なんと












まゆたろうが敗戦したのだった。









しかも自分自身の中では聞いたことのない














グレートガッツ













という名のプレイヤーに負けたのだ。
















しかも見る限りでは巨人純正








オールスターデッキでさらにプレイヤーはあのまゆたろう









負けるはずが無いと思っていた













まゆたろうの敗戦劇であった。




















しかし








どこか心の中でラッキーと思えた部分もあった。







やりづらいまゆたろうと戦わないで済む。
























だが

















この敗戦が間違いではないことに次の試合で気づかされたのだ

























そして








もうひとつの戦い












マハガドチョンVSアシッド12







コネクト対決!










キーボード練習を十分に積んだマハガドチョン





試合に間に合わないと思い込み、キーボード練習0のアシッド12





結果は目に見えていた。







マハガドチョンがアシッド12を退け









マハガドチョンが勝利したのであった。








変則トーナメント仕様により







これでマハガドチョンが 決勝進出 となったのだ。


















「決勝で待ってるよ!!!」











マハガドチョンにそう声をかけられ









わずかな休憩を挟み














オレゴンは準決勝の舞台へと上がっていった。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|