第21章 決着! 前編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





第21章 決着! 前編



7回の裏


マハガドチョンの攻撃


スコア3―2


オレゴンがリード



一死満塁


バッター稲葉


カウント2―3 フルカウント




高井が投じた球は


フォークボール







まさにスローモーションだった








ゆらゆらと揺れながら放たれたボールは







ゆっくりとベース上へ向かっている気がした







そして


マハガドチョンが選んだ手段は…





なんと 見送り






取った!





オレゴンはそう確信した





しかし、次の瞬間





白球は砂煙を上げた







ボール!!!











「ウォーーーー!!!」









場内は歓声で沸いた







それもそうだろう






この場面






汗の高井





汗の高井のフォークを誰が見送るであろうことか








その結果四球押し出し





3―3 同点!!!








なおも、一死満塁







もう後がないオレゴン







完璧にオレゴンは追い込まれた






一打サヨナラのピンチ







誰もがこのまま一気にマハガドチョンが決めると思った










が、しかし







開き直ったオレゴンは、思い切り良く勝負をしかけたのだ








なんと、ここで







後続の打者を併殺にしとめたのだった










まさかの8回突入





互いに7回で決まると思っていただけに






マハガドチョンもタンクを使いきってしまい




リリーフ投入を余儀なくされたのだ






ここから乱打戦!





と、誰もが思いきや




ここは決勝の舞台




簡単には打たせてもらえないのだ。





ダルビッシュから佐竹へとリリーフしたことにより





緩急にハマってしまったのだ。




ダルビッシュの球道になれてからの、左の軟投の緩急でタイミングをずらされ



見事に凡打の山を築いた。





その裏のマハガドチョンの攻撃





7回から上がった高井を続投させ





マハガドチョンの猛攻を防ぐことに成功し






とうとう両者は最終回に突入したのだ






9回表 オレゴンの攻撃


この回点を取れなければ、スコアでの優勝は無くなる。



長い試合も最終回


負けようが勝とうが、この試合で全てが決まる





勝ちたい!





強い思いはあった




しかしマハガドチョンの繰り出した佐竹をどうにも捕らえきることができないの
だ。




狙い球が絞り切れずに、ワンアウト、ツーアウトと追い込まれ






そして







点を取れずに終わってしまったのだった。








9回裏 マハガドチョンの攻撃



一本でもHRを打たれれば終わり


一本でもタイムリーを打たれれば終わり



そんな追い込まれた中




オレゴンは気迫を見せた!




投手は、高井がバテ

最後の砦となった、三橋を投入した


球威はないが、変化量はWP40辺りの投手と遜色なし!



怖いのはHRだ





ヒット、アウト、ヒット、アウトと続き


二死、一、二塁





バッターは高橋由伸











ドクドク





ドクドク
















ドクドク
































|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|