第38章くらい  油断


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




第38章 油断




予選が始まり







3戦終了し









3戦3勝 失点0










いい流れ







このまま失点0で、予選1位通過。。。









そんな甘い夢を時折脳裏がかすめる。







しかし、いつもこういうことばかり考えて







失点をボロボロしていくのが










やらかしオレゴンの 油断4 たる由縁。






もう1戦1戦を集中して戦う他はないのだ。
















そして、3戦を終えて翌日









4戦目







その日の1試合目というのは







実に緊張する。








先発は順調にローテしてきた、ダルビッシュ







しかし







この試合







コールドを逃してしまった。







終わってみれば、大差の完封勝利。







しかし、先発の台所事情を考えると









早期コールド勝ちがベスト。







これでダルビッシュ1枚は登板間隔を2,3試合空けることが濃厚となった。







そして、5試合目









この試合も打線は打ちあぐねていた。








なんとか先制に成功したが






思うように点数がかさまない。








回が進むにつれて







危険度も増してくる。






相手の攻撃のイニングの分だけ






失点を喫する危険があるのだ。
















そして終盤を迎え、







最大のピンチ









1OUT満塁


















ドクドク



















ドクドク


















カーン!!!


























打球は



















ピッチャー前に転がった!!!







落ち着いて、1-2-3とつなぎ







ゲッツーを完成させ、失点最大のピンチは乗り切った!!!









これがオレゴンの ピンチ3 だ。










しかし、試合は







6イニングまでいき






結局全イニングを消化しての完封となった。










5試合を終え






5戦5勝 失点0







しかし、これで次戦はきつい。










とうとうダルが使えない試合








先発 八木









ここを乗り切ればまた、







ダルでローテをすることができる。











次戦が正念場だ!










しかし、










この日の消化は危ない。








打線は湿り、上手い具合に打てていない。








ここまで、失点0で勝てているのが不思議なほどの調子だ。









せっかちな性格のオレゴン。








勢い良く消化したかったが







さすがにここは踏むとどまった。









先発が八木だけにここも慎重な準備が必要となるのだった。











次さえ乗り切れば。。。。







乗り越えなければ。。。。















|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|