第39章くらい  正念場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




第39章 正念場






5戦5勝で迎えた予選3日目









先発は八木。。。























のはずだった。。。。。。
















ふと、交換版を見ると
















出)ダルビッシュPM
















そう
















この台所事情を乗り切るためのジョーカー的存在










ダルビッシュPM の獲得に動いたのだ。












mm交渉に乗り出し









苦戦を強いられると思いきや











売り出し人の都合により










予想よりも、難なく獲得に成功したのだった。












ゲットン、ダルビッシュPM、ゲットン!










ユッキーナばりの雄たけびを上げるほど、うれしい獲得となった。










これで先発の台所事情はかなり楽になった。



















第6戦






先発はダルビッシュPM






やはり、ダルビッシュは違う











順調にスコアボードに0を積み上げていった。









打線は前日よりもボールをよく見れており









凡打となっても、納得のいくバッティングはできていた。









徐々に調子をあげていき






4回までもつれ込んでしまったが







結果はコールド勝ち。








この日の順調なスタートとなった。










第7戦








第6戦をダルビッシュで乗越えたことにより








またこれで、ダルローテを続けれる結果になった。








本当に3枚目のダルビッシュは予選を乗越えるための切り札となった。










待望の失点0での予選終了も







そろそろ視界に入ってきた。









あと4戦










あと4戦を乗越えれば








リベンジの舞台に立つことができる。。。。


















そして試合は始まった。
















前の試合から復調し始めた打線は、この試合も爆発し






初回、2回と4点、3点と重ね






コールドまであと3点としていた。








そんな3回表 相手の攻撃の時だった。








先頭打者をヒットで出塁させ








迎えるバッターは飯原







ミート、パワーともに30台後半








バットをフリフリにしていない。








HR はない








連打は避けたいところだ。








一番厄介なのは





テキサス続きで塁をためての失点





これが一番怖いのだ。








選球がそれほどでもないと感じ








外角をチラつかせ、運良く振ってもらい







追い込んだ。







外角一辺倒ではおもしろみがない。








そういったプライドが心の中にあった







4球目であった。









インコースへフォークボール











よし













これで三振だ!!!














...
















...

























カキーーーーン!!!



















打球はレフトに高々と舞い










鳥肌の立つような綺麗な放物線を描いた。










2ランホームラン!!











7戦目にして 初失点







しかも 2失点 を喫した。。。。










しかし
















打たれた瞬間は気落ちした。












だが、まだ2失点。。。。










気持ちを切り替え








コールドに持ち込めはしなかったが








2失点のまま試合を制した。








失点は喫したものの








まだ2失点







このまま終えても20位前後は堅い。








目標を予選1位通過から










予選通過50位以内入賞に下方修正し









気持ちを切り替えてやることにした。









調子は悪くない。









この勢いで、この日で決めよう!








そう意気込み








第8戦目










第6戦あたりから気づいてはいたが、対戦相手の質が上がってきている。











負けるわけにはいかない。。。








第8戦目









レベルは31






やはり。。。レベルも上がってきている。。。







しかし







前戦で失点喫したことにより






ある程度気持ちにゆとりがもてた。










打撃も好調を維持し快調に点を重ね











ここにきての












初回コールド勝ちとなった!!












よっしゃー!











あと2戦!!!



























しかし






















喜びもつかのま

























ここからが本当の


























修羅の戦い



























激闘を迎えることとなるのだった。。。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|