第41章くらい  ZONE

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





第41章 ZONE






外角に外れる










ここから内に入る











外角に投げる












これは外れる











次は入れてくる。。。











オレゴンは心でそうつぶやきながらプレイをしていた。









狙え







次だ









狙えぇ!!









くっ。。。









わかっていても、スムーズにバットが出てこない。








インパクト時に迷いが生じ






僅かにボールの芯を外れる打球が続いていた。
















八木も渾身のピッチングを続ける。









時には大胆に







時には慎重に









一発の可能性がある打者にはより慎重に攻めた。








そんな中一番の強敵は









4番にズッシリと構えている








小笠原SP









バットも不運にも気持ちよく揺れていた。









ここは勝ちにこだわる。









臭いとこをつきながらの四球が続いた。










小笠原を歩かせ、後続の打者を抑え







緊迫の投手戦が続いた。









そしてこの投手戦を突き破るべく







3回ウラ オレゴンの攻撃時








1枚目のカードを切る






ラッキー7 投入







打順は6番高橋からの攻撃






引っ張りか。。。







流しか。。。









2度曲げ相手に流し一本に徹しすぎると






外角からの戻し曲げに対応しきれず





空振りを奪われる場面が多く続いていた。










内角を思い切り開いての引っ張り





外角に突進しての引っ張り





真ん中に対してはデフォの位置をキープしての引っ張り






タイミングさえ合えば、2度曲げダルであろうと







ボールはピンポン球






数秒でスタンドだ。







さぁ、信二








やってみようか。

















しかし







タイミングが合わずのポップフライ。。。













ネクストは糸井






装備+P13 愛補正+10により






パワーは 60A に届いている。






ここもタイミングさえ合えばの打者。








しかし








外角から入ってくる、変化球に合わず三振。。。








ラッキー7投入も早くも2OUTとなり











打者は8番  中田翔







ミートは極端に低くいが







パワーは 60オーバー







いわば、 三振HR のバッター。















ここでオレゴンは神経を研ぎ澄ませていた。。。
















投手はダル






中田のパワーがあるとはいえ






所詮ミートがないバッター。







安パイバッター 登場にきっと簡単に打ち取ろうと投げてくるはずだ。











まさにその初球を狙いすました。










真ん中から抜いてきた球は内に微妙に変化させてきた。












































3!


















カキーン!!










打球は綺麗な弧を描き











レフトスタンドに突き刺した!!!









予想的中の 山勘打法 が炸裂した!!









2度曲げ相手には貴重すぎる







先制点の先取となった。








1-0!







よっしゃー!!!






















しかし









これは序章にしかすぎなかった。。。











悪夢のドラマはここから始まるのであった。。。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|