クラブ対抗戦 概要


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





総訪問数     -

今日の訪問数   -

昨日の訪問数   -



クラブ対抗戦


■ 日 程 ■



大会開幕  10月1日!






■ 概 要 ■

①1チーム3名の団体戦
②525 700 無制限 各デッキでの対戦
③トーナメント方式
④2勝先勝で勝ち抜き


■ 大会の流れ ■

①参加募集期間中に大会エントリー
 ・エントリー時に1組3名の名前を記名、チームキャプテンも記載。下記参照

②対戦時
  700デッキから試合を始めてもらいます。

  ・サークル掲示板に対戦カードをUPします。対戦チーム確認後、甲子園大会にキャプテン又は代表が700担当者のみを記名しmmをしてください。
  ・サークル掲示板に担当者の記載確認後、掲示板にコメントを書き込み、担当者同士が日程を調整し消化
  ・700の対戦終了後、敗戦チームが次戦のデッキレベルを指定。そして上記と同様に消化を行ってください。

③対戦終了後
 ・サークル掲示板にて 勝者チーム が結果報告(報告例は下記参照)
・700の対戦終了後、敗戦チームが次戦のデッキレベルを指定。そして上記と同様に消化を行ってください。



■ エントリー方法 ■

クラブオーナーの方は、必ず クラブ名、監督名、ハンゲID名、キャプテン、参加チーム数 を記載し
ハンゲID「甲子園大会」宛てにエントリーメールをください。


題名 クラブ対抗戦 エントリー

本文

クラブ・コネクト

チームA
◎監督名 オレゴン  ID名 oregon
 監督名 0オレゴン ID名 0oregon
 監督名 1オレゴン ID名 1oregon

チームB
◎監督名 2オレゴン ID名 2oregon
 監督名 3オレゴン ID名 3oregon
 監督名 4オレゴン ID名 4oregon


■ 注 意 事 項 ■

①先発投手は1戦1組1投手のみ使用可能(次戦時は使用履歴リセット)
例 525 ダルN08  700 川上N07  無制限 黒田N07 ○ 
  525 ダルN08  700 ダルSP08  無制限 ダルN09 ×


②チーム内の担当デッキの変更可能
例 1回戦 525 オレゴン  700 0オレゴン  無制限 1オレゴン
  2回戦 525 1オレゴン  700 オレゴン  無制限  0オレゴン


③日程の調整も難しい場合もあると思うので3人一斉に消化は強制しません。
例 9月20日 700 オレゴン vs 0オレゴン
  9月21日 525 1オレゴン vs 2オレゴン
  9月22日 無制限 3オレゴン vs 4オレゴン


④525デッキでの愛スキル使用禁止
525デッキでの試合趣旨として、プレイヤーの腕を重視した分野となっております。
愛デッキ使用となると、525でも特化したデッキが可能になってしまいますので、今回は使用禁止とさせていただきます。




■ ルール ■

①6回(延長あり.コールド10点)
②使用球場 525・市民球場 700・ドーム 無制限・ドーム
③装備品 合成 SP PM 使用制限なし (一部縛りあり)
二度曲げに関しては一切なしでお願いします
移動投げの禁止(プレート位置を動いてすぐ投げるとラグが起きやすいので静止してから投球願います)
⑥兄弟・先発リレーの禁止
⑦アシストカードはパワーorミートLv1のみ、1枚使用可(応援スキルのためのルール)
⑧試合終了後 サークル掲示板に結果報告を勝者チームの方が記載
  記載例   8オレゴン(川上) 2-4 UCN(黒田)
        *必ずお互いの先発投手も記載願います




■ 大 会 趣 旨 ■


今回の大会の趣旨として考えているのが、チームキャプテン、クラブオーナーの
選手配置の部分でも楽しんで頂けるような大会にしたいと思っています。
3クラス共に趣旨の違ったデッキレベルにすれば、選手配置の選び応えも増すのではないかと思いました。


  • 無制限デッキ採用理由
825から上のデッキとなりますと、ほぼWPを削る必要性が無くなり、スタメン野手
を全てレギュラークラスの選手で揃えることができると考えております。
よって、ここは重量級の戦いとして無制限にしました。

  • 700デッキ採用理由
全国大会の経験からしましても、非常に個性の出やすいデッキかなと思います。
腕はもちろんですが、デッキ構成も勝敗を左右します。腕があるだけ、デッキが
強いだけ、どちらにも片寄らない、バランスの良いデッキレベルだと思い、700を
採用しました。

  • 525デッキ採用理由
525は単純に腕勝負です。一番腕の良さが光るのではないかと思います。
デッキ構成面でも必ず削り要員が必要となり、カードの力のみでは戦えないデッキです。
しかし、愛デッキだけは避けたいです。愛の力は偉大です。525デッキを700デッキぐらいの
凄みを持たせてしまうので、今回は愛は禁止となります。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|