※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空挺強襲部隊「パーティクラッカー」


 レアーメ陸軍の中でも荒くれ者を集めた部隊であり、空挺強襲のスペシャリストの集まりでもある。
「パーティクラッカー」の名は常に先陣を切って派手に戦う姿から名づけられた。
歩兵・MT・ACで構成された部隊であり、独自の戦術理論を以って指揮される。
無理・無茶・無謀な作戦をこなす事で有名であるが、兵員の損耗率はダントツ一位である。
コールサインは攻撃部隊は役者と呼ばれ、砲撃部隊は楽団と呼ばれ、指揮官は脚本と呼ばれる。
そのゴロツキ達を束ねるボスは最近脱毛が気になる45歳の男。見掛けに寄らずインテリ。
一見ゴロツキの集団だが甘く見る事は無かれ。ゴロツキはゴロツキでもよく訓練されたゴロツキである。

  • Armored Core - AC-12AA [Airborne Attaker]
  • Arms type - Infighter

ASM CODE : &L200030001M0020000c00400k00g4eeOwc0o00c#

空挺強襲と言う過酷な任務に対応するために一から組まれた機体。
ホバーブーストによって着地の衝撃を弱める事や、空中に留まって味方機の支援を行なう事が可能であり、近接戦闘にも中距離戦闘にも腕次第で対応可能。
比較的高価ではあるが、それ相応の性能であると言っても過言では無いだろう。


  • Armored Core - AC-12AH [AirborneHowitzer]
  • Arms type - Howitzer

ASM CODE : &L2000i0008g0020000c00400k03g4fLw0000009#

AC-12AAをベースに防御力を犠牲にし、長距離攻撃力を求めた機体。
強固な陣地や重MTなどの排除を担当する、継続戦闘能力に難有り。
自走砲と違って、空中からの砲撃や高速機動からの火力支援が可能。

  • Armored Core - AC-12AC[AirborneCommander]
  • Arms type - Commander

ASM CODE : &L200030001M0024000c00400k00g4egh840o009#

激しい任務に対応するだけの性能を持つ指揮官機体。
中距離戦闘に適応させ、電子機器を増強させる事によって広範囲の友軍を指揮する事が可能となった。
危険が多い空挺任務の要。





■フィル=マックバーン

『俺達の一員である以上は許可無しに死ぬな。死んだら俺が直々に地獄へ叩き落してやる!』

最近抜け毛が多くて困っている45歳のタフガイ。
傍からみるとマッチョで厳ついオッサンなのだが、実は「パーティクラッカー」のボス。
ゴロツキ達を束ねるだけあって、かなりのカリスマと実力を持つが、口調に問題あり。
こう見えてもインテリであり、作戦立案はこのオッサンが担当している。
趣味は新人シゴキと喧嘩。嫌いな言葉はハゲ。言うとしばかれる。


■ジェニー=マックバーン

『あかんあかん、そんな事あかん!』

ゴロツキが多いパーティクラッカーの中でも特異すぎる若きホープ。
だが、その正体はゴロツキのボスことフィルの娘。20歳独身である。
20歳の割に発育が悪く、本人もそれを気にしている。
口調が特殊であり、典型的なミリタリーオタクである。
親のフィルとは違い、性格的に真面目である。フィル曰く、「甘い」との事。
ある程度の事は受け流せるが、恋愛や性に関する話には滅法弱い。
好きな食べ物はレーション。趣味はガンシューティングと映画鑑賞。

■シェーン=キャンベル

『Amen to that!Gift with Bullet to mild thing's ass, A.s.p.d.!』
(大賛成だ!ヘナ〇ン野郎の〇ツに弾をプレゼントしろ、今すぐにな!)

30代前半の黒人系男性。フィルの補佐であるが、殆ど彼を止める事は無い。
それどころか、自ら現場で支援砲火を行なうナイスガイ。
上司であるフィル同様口が悪く、スラング塗れの口調は彼をゴロツキのように見せる。
とは言え、彼の副官としての腕は持っているとは言われている。
趣味として部隊内でバンドを結成しており、基地祭りなどでその演奏を披露する。
彼の楽器はコードネーム道理ドラムセットである。
口癖は『Amen to that!』(大賛成だ!)である。