※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『 ・・・『私』・・・は・・・・・・ 』



  • Hound name : シュラウド・ペナンガラン
  • Reward :
 虚無の黒い瞳と死者の雰囲気をその身にまとった、長白髪、隻眼の怪しげな男。首筋には二つ穴が開いた傷口がある。
 ノイン・ドラッヘン内の廃棄された研究施設からあるディテクターによって発見され、解析されていたがその中途で暴走し、逃亡した。
 その際に居合わせたディテクターの首を素手でねじ切ったとも言われ、その身体能力は人間離れしているらしい。

 極度の記憶障害に陥っており、失われた己の自我を拾い集めるかのように各地の戦場と街を渡り歩いているという。
 また、記憶を取り戻す唯一の手掛かりとしてとある人物達が写った古写真を肌身離さず持ち歩いている。
 記憶を正すのが目的のためか、戦闘そのものにはひどく消極的だが、道を阻む者に対しては一切の容赦をしない獰猛さを併せ持っている。
 加えて慢性的な貧血の体質を抱えているようで、娼婦等の人の生き血を求めて歓楽街を彷徨い歩いているという不気味な噂が死者が出たという
 報告はまだなされていない。ディテクターの中に似た顔をした人物を見かけたという未確認情報もある。

 契約は現金報酬と異なり、血かシュラウド本人が今必要としているものが依頼人に提示される。
 必要な分だけ提供できれば契約は成立だが、万が一破った場合は依頼人は殺害されるらしい。


  • Armored Core - ブラッド・プロミス [Blood Promise]
  • Arms type - Shooter
 旧アーカバレルとノイン・ドラッヘンからかき集めたスクラップ同然のパーツを寄せ集めて構築された歪なA.C.を駆る。
 その基本性能はとても誉められた代物ではないが、武装の一部に投棄された試作品が混じっており、時折アクシデントと紙一重の予想外な攻撃力を発揮する博打じみた戦闘力の機体。
 エンブレムは『血の雫と落ちたときの波紋』

Head YH13-LONGHORN 0/0/0/0/10 Inside I04E-SQUID
Core C04-ATLAS 0/4/0/0/6 Extension CR-E92RM3
Arms A03-GIBBON 0/10/0/0/0 Back-unit R CR-WBW89M
Legs CR-LH81AP 3/7/0/0/0 Back-unit L CR-WBW89M
Booster B04-BIRDIE2 0/5/0/5 Arm-unit R WH04HL-KRSW
Generator KUJAKU 0/5/5 Arm-unit L WL-MOONLIGHT
Radiator CR-R92 0/7/3 Hanger-unit R CR-WH01HP
Fcs MIROKU - Hanger-unit L WH03M-FINGER
  • ASM CODE &LO0055101x0E01sT00w51p1lw7e89xMUwlQWh2h#

  • Parts color
Part Patturn Base Aid Optional Detail Joint
General 迷彩 150/020/010 090/090/110 090/030/015 080/030/010 040/030/040


関連人物:

  • コジャント
「アチキに見つけてもらっただけでも幸運と思うがよ」
暴走して野に下ったシュラウドを保護した、自称ディテクターの20代前半の女性。
彼に物資・情報や血を提供する代わりに仕事の手伝いをさせたりしているが、その実はネクロファクトリーの研究員。
"コジャント"の名は社内でのコードネームであり、本名はエリザベス・カースティン。
死人同然ながら驚異的な身体能力を持つ彼に興味が沸き、支援の傍ら彼の身体を解析しようと画策する。

  • LRで死んでいます。
  • バットエンドか?
  • 半吸血鬼&死人