frame_decoration

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レシピについて



全て上級錬金術で錬金するものとします。


実際に錬金できるか確かめてないものもあります。


台湾版は特務装備、SET装備が手に入りにくいので、
使わないと錬金不可能の場合を除き、素材として使用していません。


レシピより高い等級の主素材ができた場合はそれを使用してかまいません。
その場合、主素材の等級と同じ等級の副素材も使用して大丈夫です。
要するに、副素材の等級が主素材の等級を越えなければ問題ありません。

合成の基本


  • 初級錬金術

一番初めに投入した素材が主素材になります。
完成品の等級は素材の最低の等級が基準になります。

例)18花+19草=19花

  • 中級錬金術、上級錬金術

等級が一番高い素材が主素材となりますので、
ミスがないように主素材の等級は一番高いか同じにして下さい。
完成品の等級は素材の最低の等級が基準になります。

失敗例)18花+19草=22草


錬金本


推測ですが、本Ⅰ~本Ⅳはそれぞれ完成品の等級を1~4上げるものだと思います。

上級でも等級が4UPすることは稀で、錬金LVにもよりますが
2UPだと50%、3UPだと25%くらいで成功すると思うので、
錬金術2UP+本Ⅰ=3UP
錬金術2UP+本Ⅱ=4UP
錬金術2UP+本Ⅲ=5UP
錬金術2UP+本Ⅳ=6UP
のように使い分けて下さい。