ソチ五輪

ソチ五輪について

ソチ五輪SPにおけるTESとPCSの相対差

(選手のPCS/出場全選手のPCS平均値-選手のTES/出場全選手のTES平均値)*100
  1 KIM Yuna         -4
  2 SOTNIKOVA Adelina  -6
  3 KOSTNER Carolina   4
  4 GOLD Gracie      -10
  5 LIPNITSKAYA Yulia   6
  6 WAGNER Ashley    14
  7 EDMUNDS Polina   -12
  8 SUZUKI Akiko      18
  9 MEITE Mae Berenice  -5
 10 WEINZIERL Nathalie  -17
 11 LI Zijun          -3
 12 MARCHEI Valentina  12
 13 OSMOND Kaetlyn    9
 14 ZHANG Kexin      -29
 15 MURAKAMI Kanako  13
 16 ASADA Mao       45 ←←←←←←←←最大の差
 17 GEDEVANISHVILI Elene 4
 18 KIM Haejin        -10
 19 DALEMAN Gabrielle  -8
 20 UKOLOVA Elizaveta  -22
 21 RAJICOVA Nicole   -8
 22 HAN Brooklee      -8
 23 PARK So Youn      -1
 24 GJERSEM Anne Line  -9
 25 McCORKELL Jenna  -4
 26 FRANK Kerstin     -14
 27 HELGESSON Viktoria  23
 28 POPOVA Natalia     0
 29 GLEBOVA Elena     8
 30 WILLIAMS Isadora   13


浅田およびメダリストのGOE比較

 [SP]         GOE(内ジャンプ)
 1位 キム      7.60(3.67)
 2位 ソトニコワ  8.66(3.80)
 3位 コストナー  6.96(3.54)
 16位 浅田    -1.25(-4.6)
 *SPはジャンプ要素は全て抜け。スピンでのレベルの取りこぼしあり。
  PCS4位/30人中はGOEがマイナスに傾いている中で、異常としか判断しようがない。
  このGOE救済がなければFSに進めない順位だった。

 [FS]     GOE(内ジャンプ)
 1位 ソトニコワ  14.11(7.27)
 2位 キム     12.2(7.28)
 3位 コストナー  10.39(5.5)
 6位 浅田      6.69(1.87)
 *3F3Lo< は減点無し。3Lz e は-0.60の基礎点泥棒確信犯。2A3T< は0.14の加点。
  FSは現行ルールで判断すれば、完璧演技6種8トリプルなどではなく、4種5トリプルとなる。
  一部報道に8トリプル成功と出たが、それは全くの誤りである。

FS詳細

 3F-3Loのセカンド3LoはUR判定はされているがジャッジは減点なし3名(No.1、4、8)、加点(No.5、6、8)で、最終的に減点0.00。
 3Lzは相変わらず重度のフルッツで回転不足にも近いものだったが
 GOEマイナスが最小限で抑えられているうえに、減点しないジャッジが2名(No.5、8)。
 後半の2A-3Tのセカンド3Tも、UR判定はされているが何故かジャッジは減点なし6名(No.1、2、3、4、6、9)
 さらに、加点+1ジャッジが3名(No.5、7、8)で、最終的に+0.40。
 この不思議なジャッジが際立つのは、他選手の回転不足にて下されている同様の判定がない為。
 http://www.isuresults.com/results/owg2014/owg14_Ladies_FS_Scores.pdf

日本中に感動を与えた(笑)FSのからくり

 メダル争いとは関係ない第二グループで、並み居る強敵のプレッシャーもなく、殆どヤケクソ状態で演じた。
 上記の通り、”転ばない”だけでエラーつきまくり(本来なら成功ジャンプとは言わない)ジャンプを
 実況アナウンサーが「1回!2回!」とカウントし、あたかも全て成功したように言う。
 そして泣き顔でフィニッシュすることにより、完璧な演技をしたような錯覚を視聴者に植え付けた。
 中継は深夜だったため、日中に行われた特集では、浅田への会場声援が大きかったように音量調整。
 実際は、この時点で観客は多くなく、ほぼ応援に行っていた日本人の声援のみ。