浅田真央への不可解ジャッジ

2006-2007シーズン

 ●2006年NHK杯
  フリーの3Lz-2Lo-2Loは後半2つが回転不足判定だったのに、GOEでマイナスにしないジャッジが3名。
  史上最高得点(笑)はこういう経緯もあって他国から相手にされない。
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn06/gpjpn06_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2007年世界選手権
  フリーの2A-3Tが回転不足なのになぜかGOEでマイナスにしないジャッジが1名。
  http://www.isuresults.com/results/wc2007/wc07_Ladies_FS_scores.pdf

2007-2008シーズン

 ●2007年スケートカナダ
  フリーの3F-3Loが回転不足だったのに何故かGOEマイナスを付けないジャッジ3名
  http://www.isuresults.com/results/gpcan07/sc07_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2007年エリック・ボンパール杯
  フリーの3Lzがエッジエラーだったにも関わらずGOEでマイナスを付けないジャッジ1名
  http://www.isuresults.com/results/gpfra07/gpfra07_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2008年世界選手権
  フリーの3Lzがエッジエラーだったにも関わらず GOEで加点を付ける謎のジャッジ。
  このジャッジは続く3F-3Loが回転不足なのに再びGOEでマイナスを付けない謎の行動。
  こりゃさすがに問題になってもおかしくない。 このおかしなジャッジのおかげもあり、0.92点差で優勝できたともいえる。
  http://www.isuresults.com/results/wc2008/WC08_Ladies_FS_Scores.pdf

2008-2009シーズン

 ●2008年エリック・ボンパール杯
  フリーの3Aがツーフットだったのに何故かGOEで加点を付けるジャッジが1名、GOEでマイナスにしないジャッジが1名。
  http://www.isuresults.com/results/gpfra08/gpfra08_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2008年NHK杯
  ショートの3Loが回転不足だったのに何故かGOEでマイナスにしないジャッジが1名。
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn08/gpjpn08_Ladies_SP_Scores.pdf
  フリーではPCSで全て8点台の大サービスを行っているジャッジが1名。
  おまけにこのジャッジはGOEでも+2の大サービスを連発している(No.5ジャッジ)。
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn08/gpjpn08_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2008年GPファイナル
  ショートのルッツは解説の伊藤みどりが「アテンション」とエッジエラーを指摘した
  しかし e も ! も付かず認定され、おまけに加点まで献上するジャッジ。
  http://www.isuresults.com/results/gpf0809/gpf0809_SeniorLadies_SP_Scores.pdf
  フリーではやはりPCSで全て8点台の大盤振る舞いする謎のジャッジ1名。(No.1ジャッジ)
  http://www.isuresults.com/results/gpf0809/gpf0809_SeniorLadies_FS_Scores.pdf
 ●2008年全日本選手権
  ショートの最初のコンビネーションジャンプは3回転-2ターン-2回転の回転不足判定。
  これはSPの要素「3回転からの2回転及び3回転のジャンプ」が抜けたので、ジャッジは全員GOEを-3にしなければならないのに、
  なぜかジャッジのNo.6は-3とせず-2としている。
  次は3Lzは重度のフルッツ見逃し。おまけにGOEで+1と加点までついている謎。
  (通常はGOEで-2から-3の範囲でマイナス評価しなければならない)
  更にステップではレベル4を獲得し、GOEはオール+2判定。
  男子のトップ選手ですらレベル4認定を受けることは非常に稀である。
  この他、スピンやスパイラルでも謎の加点がつきGOEで稼いだ。
  http://www.skatingjapan.jp/National/2008-2009/fs/national/J/data0203.pdf
 ●2009年四大陸選手権
  ショート編
  単独のトリプルジャンプが求められていた場面で2Lz。
  このジャンプは要素抜けなるためGOE-3にしなければならないのに何故かNo.9ジャッジただ1人マイナスにすらしない0。どういうこと?w
  おまけにTESで10位だったにも関わらずPCSで救済発動し3位、総合で6位となりなんとか最終グループ入り。
  http://www.isuresults.com/results/fc2009/FC09_Ladies_SP_Scores.pdf
  フリー編
  冒頭ジャンプで1A、続くジャンプも3A単独になり、予定していた3Tは2T。
  コンビネーションは2つしか入らず、トリプルジャンプは3種類の4つだけ。
  なのに何故かPCS爆上げでフリートップ。どういうことですか?wなにか大人の事情があるんですか?
  http://www.isuresults.com/results/fc2009/FC09_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2009年世界国別対抗戦
  ショート編
  回転不足ばかりのループと全く跳べないルッツを外し、 3A-2T、3F、2Aの構成に変更。
  その3A-2Tでは明らかな回転不足が見られたもののなぜか認定され加点もゲット。
  単独の3F では男子でもありえない1.6点というご祝儀加点を貰う。
  続く2Aではプルシェンコですら出していない2.0点もの異常な加点をゲットした。
  そればかりではない、ステップでは男子でもほとんどいないレベル4を獲得し、さらに加点は1.8点(笑)。
  こんなあからさまなことする理由はなに?どういうことですか?w
  http://www.isuresults.com/results/wtt2009/wtt09_Ladies_SP_Scores.pdf

2009-2010シーズン

 ●2009 エリック・ボンパール杯
  SPでは3A+2Tの予定が1A+2Tになる要素抜けで出場10選手中TES5位ながら、PCS2位で3位となる。(総合2位)
  http://www.isuresults.com/results/gpfra09/gpfra09_Ladies_SP_Scores.pdf
 ●2009 ロステレコム杯
  SPでは3A+2Tの予定が単独2A(2A<+COMBO)になり、その後の2Aが同じジャンプの繰り返しとなりノーカウント。
  結果コンビネーションなしの要素抜けになり、おまけにタイムオーバーで1点の減点。
  しかし12選手中TES8位(GOE抜きの基礎点では11位)ながら、PCS1位で6位となり最終グループに入れてもらう。
  http://www.isuresults.com/results/gprus09/gprus09_Ladies_SP_Scores.pdf
  FSではコンボは1回(3F<+2Lo)しか入らず、3A< 1A 2F とジャンプミスを重ね、2種2トリプル(3Lo,3T)という最悪の出来。
  しかしTES7位(GOE抜きの基礎点では10位)ながら、PCS1位で5位となる。(総合5位)
  これはおかしい、おかしすぎる。
  http://www.isuresults.com/results/gprus09/gprus09_Ladies_FS_Scores.pdf

2010-2011シーズン

 ●2010 NHK杯
  認定されたジャンプはわずか2つ。あまつさえSPフリー共にタイムオーバーで減点、屈辱の8位に。TES10位PCS2位
  ただしマスコミは矯正中だから仕方ないのオンパレード。
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn2010/gpjpn10_Ladies_SP_Scores.pdf
  http://www.isuresults.com/results/gpjpn2010/gpjpn10_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2010 エリック・ボンパール杯
  SPでは明らかに回転不足の3Aと3Fを中間点でとってもらい FSでは3Lzの回転不足、1A・1A・1Fがありながら
  ほぼノーミスだったラフエンテより上の順位になり一般ねらーにまで疑問を持たれる
  http://www.isuresults.com/results/gpfra2010/gpfra10_Ladies_SP_Scores.pdf
  http://www.isuresults.com/results/gpfra2010/gpfra10_Ladies_FS_Scores.pdf
 ●2010 全日本選手権
  SPでの3Aは誰がどう見ても両足で<<刺さっても不思議じゃないのに認定。
  しかも両足着氷なのにGOEでマイナスにしないジャッジが4名(No.3、No.5~7)。
  次の3Lo-2Loは最初が回転不足なのにこれまたマイナスにしないジャッジが1名(No.3)。
  ちなみに3Aでマイナスにしなかったジャッジは他の項目でもGOEテンコ盛りしている。
  http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/national/data0203.pdf
  FSではルッツはまたエラージャンプの e なのにマイナスにしないインチキジャッジが3名。
  抜けた浅田オリジナルサルコウ(いわゆるサループ)に加点まで献上する謎のジャッジ1名。
  http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/national/data0205.pdf

2011-2012シーズン

 ●2012年四大陸選手権
  フリーの3Lzは相変わらず重度のフルッツで着氷もお手付となるものだったが、
  何故か大人の事情で認定され、GOEマイナスにしない謎のジャッジが1名(No.4)。
  2A-3Tのセカンド3Tは、どう甘く見てもUR判定は不可避な位足りてないが認定される。
  さらに後半の2Sは3回転が抜けた失敗ジャンプにも関わらず加点を献上する不思議な
  ジャッジが1名(No.5)。3Loは両足着氷だったが何故か5人(No.1、2、4、6、9)が加点献上。
  この不思議な加点にはリンク看板加点やスポンサー加点があったのですか?w
  http://www.isuresults.com/results/fc2012/fc2012_Ladies_FS_Scores.pdf

2013-2014シーズン

 ●2014年ソチ五輪FS
  3F-3Loのセカンド3LoはUR判定はされているがジャッジは減点なし3名(No.1、4、8)、加点(No.5、6、8)で、最終的に減点0.00。
  3Lzは相変わらず重度のフルッツで回転不足にも近いものだったが
  GOEマイナスが最小限で抑えられているうえに、減点しないジャッジが2名(No.5、8)。
  後半の2A-3Tのセカンド3Tも、UR判定はされているが何故かジャッジは減点なし6名(No.1、2、3、4、6、9)
  さらに、加点+1ジャッジが3名(No.5、7、8)で、最終的に+0.40。
  この不思議なジャッジが際立つのは、他選手の回転不足にて下されている同様の判定がない為。
  http://www.isuresults.com/results/owg2014/owg14_Ladies_FS_Scores.pdf