ハリネズミのジレンマ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《妖獣 うましか》
  2. 《悩めるハリネズミ ミッキー》
  3. 《月の夜のヴァンパイア》
  4. 《ガリベンジ》
  5. 《第三座天使 連魂》

《悩めるハリネズミ ミッキー》の優秀な攻撃範囲に着目し、ダメージを受けると性能が上昇するユニットもろとも敵を攻撃するというデッキである。
1手目に《妖獣 うましか》で敵キャラを引き寄せ、2手目で《月の夜のヴァンパイア》や《ガリベンジ》などダメージを受けておきたいユニットにも当たるように《悩めるハリネズミ ミッキー》で攻撃する。

このデッキではダメージを受けることでPが上昇する《ガリベンジ》と、2ダメージで消滅し、サイクルを早める効果を持つ《月の夜のヴァンパイア》を採用している。
また、引き寄せた敵キャラに返り討ちにされるなど諸刃の剣であるため、保険として《第三座天使 連魂》を採用している。

1手目に相手キャラを引き寄せることがこのデッキの最重要手であるため、《妖獣 うましか》が機能しない場合を考慮して、《磁石女 マグ姐》などを使用してもよい。

またダメージを受けることで効果が得られるユニットについては攻略・小ネタ集の引用を添付しておく。

   《ガリベンジ》…ダメージを受けることで能力が上昇する
   《お荷物ゾンビ》…相手プレイヤーの順番に加える
   《月の夜のヴァンパイア》…一度消滅すると、能力が上昇して再生する
   《瀕死のドライブ・デッド》…クイックが発動する
   《呪いのワラ人形》…呪ったユニットにダメージを与えられる
   《妖精 デュラはん》…《首狩りデュラハン》になる

その他採用候補

採用チェスト候補


名前: