《切株蕪村》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

H6 P1 M2
★森パネルにいる任意のユニット1体と、このユニットの場所を入れ替える。

《芭蕉蛙》と並ぶアペイロン界の俳人。
背中に背負った琵琶で歌うこともあるという。

《芭蕉蛙》と同様にパネルを参照して場所替えをするアビリティである。
こちらは、相手のいるパネルが森だった場合発動できるため、相手依存の効果となる。
そのため若干使いやすさでは劣るだろう。

ただ、いわゆる「けん制」としての働きは優秀で、相手が森パネルに入りにくい状況を作ることができる。
海に《大海を喰らう者 エビダイン》を置くなど、他の地形ユニットと組み合わせると
相手の動きに制限をかけていくプレイができる。

また、森から出たがらない《平鍬型》《焼平》といったユニットを引きずり出すのにも一役買うことになる。
森パネルのユニットでありながら対森パーティに強いのも特徴。
耐久力も高いため、使い方次第では《芭蕉蛙》以上に動けるかも?

【このユニットを使ったデッキ案】

【森パネルで効果を持つ主なユニット】



名前: