《椿姫 カメリア》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

H4 P2 M0
このユニットは移動時に草原、森パネルの任意のマスにワープできる。
また自身の攻撃によるバックアタックは、ダメージ上昇補正がない。

椿の花が咲き誇るとき、その姫君は目を覚ます。

草原・森であれば全てのマスにワープ移動ができる。
しかも移動ターンに攻撃ができるため、パネルさえ味方にすれば確実な攻撃が望める。
草原・森という2つのパネルを対象とするため、確率的にはフィールドの半分は移動できるということになる。
地形変更ユニットを上手く使うことで、さらに可動域は広くなる。
また、カメリアが入ることの出来ない岩場・海パネルに対して全体攻撃ができる《ツチナマズ》と組ませれば、
全てのパネルに対して攻撃をすることが可能となる。
どこでもカレン

更に、草原・森という組み合わせは《焼平》《草原王 ライオンヌ》という
移動と攻撃に優れた両エースの能力上昇パネルである。
パワーでゴリ押すユニットたちと相性が良い上に、カメリア自身も広範囲のサブアタッカー・中盤終盤からのフィニッシャーとして役割を持てる。

移動方法は該当パネルへのワープだが、あくまでもMは0。
そのため《超重量ロボ・ダイナマン》の効果範囲に入ってしまうと
一切の移動が出来なくなってしまう点だけは気をつけておきたい。

パネルに左右されるとはいえ、ユニットの総合的な能力としてはかなり優秀な部類と言えるだろう。
地形パーティでなくても十分に採用の余地があるユニット。

【このユニットを使ったデッキ案】

【草原パネルで効果を持つ主なユニット】

【森パネルで効果を持つ主なユニット】



名前: