どこでもカレン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《チアリーダー カレンちゃん》
  2. 《スマイル》
  3. 《椿姫 カメリア》
  4. 《ツチナマズ》
  5. 《魂薄蟲エ・フェメラ》

地形変更ユニットを入れず、攻撃したいユニットがいる地形に合わせて遠距離から狙う。

草原・森パネルにいるユニットには、どこにいようと確実に2ダメージを与えられる《椿姫 カメリア》
海・岩場パネルにいるユニット全員に必ず1ダメージが入る《ツチナマズ》を擁する。
どちらも、相手の動きを牽制できるアビリティを持ったユニットなので、こちらが主導権を握りやすい。

パターンとしては単純で、《チアリーダー カレンちゃん》《スマイル》
《ツチナマズ》《椿姫 カメリア》の両方のダメージをアップさせれば
相手はどのパネルに逃げても必ず上昇補正攻撃を受けることとなる。
さらに、《スマイル》《椿姫 カメリア》を動かせばヒットアンドアウェイも可能。

《チアリーダー カレンちゃん》によるダメージ+1、《スマイル》の再行動、P2の《椿姫 カメリア》
1ダメージの《ツチナマズ》《魂薄蟲エ・フェメラ》の最大2ダメージの移動、全てにおいてダメージ調整が肝になるパーティである。
敵ユニットのHPと誰を先に落とすかということを常に考えながらプレイしたい。


弱点は《ツチナマズ》《椿姫 カメリア》が倒されたときの攻撃手段がないこと。
以下の採用候補とも相談して攻撃役を増やすか、《ツチナマズ》《椿姫 カメリア》の両アタッカーが生存している
ゲーム序盤にいかにダメージを蓄積させられるかがカギとなる。


ナマズパーティに近い構成なので、このパーティと合わせることでひとつのデッキにするのも良い。
ナマズパーティの場合は地形を変えられるので、相手デッキが地形パーティや籠城系パーティの場合、蛙リンチなどの変則ピンポイント攻撃の場合も攻撃役の枚数が多いナマズパーティを軸に選出しよう。

その他採用候補


名前: