吹き飛ばしパーティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《風神・旋風鬼》
  2. 《スマイル》
  3. 《雷神・蓄音鬼》
  4. 《毒露丸》
  5. 《ロケットマン》


いわずと知れた風神と雷神をフルに使ってみようというコンセプトのデッキ。
1手目に《風神・旋風鬼》《毒露丸》を敵陣に突っ込ませて暴れてもらい、《スマイル》の再行動で《雷神・蓄音鬼》にたくさん仕事をしてもらう。《毒露丸》はHPを気にせず敵に攻撃できる&牽制役に、《ロケットマン》は遠距離に吹き飛ばしたキャラを遠くから狙い撃ちにするために採用した。
障害物の有無で使用感が異なるが、オールマイティで使いやすい印象。

HPが高くMOVEが低い、いわゆる牛歩キャラを《風神・旋風鬼》で敵陣に送る使い方と、《雷神・蓄音鬼》でMOVEを0にした敵キャラを孤立させる使い方で戦術が大きく変わってくる。
見せ合いのときにどちらの選択肢でも使用できるような残り3体を選ぼう。

その他採用候補

採用チェスト候補


吹き飛ばしパーティ2

構築例
  1. 《風神・旋風鬼》
  2. 《ジュエルジェリー》
  3. 《ゴロゴロ五朗》
  4. 《ひとりぼっちのピンデレラ》
  5. 《リスキュー救助隊》


味方もろともダメージを与えてしまうキャラクターを、アイテム《味方想いのブローチ》で味方だけ無効にし、優秀な攻撃範囲を気兼ねなくぶっ放せる爽快なデッキ。
1ターン目、チェストが自陣近くにあった場合は全軍を挙げて取りにいき、なかった場合は《風神・旋風鬼》《ジュエルジェリー》を敵陣に突っ込ませて自滅を誘う。

《味方想いのブローチ》を引けなかった場合は、《リスキュー救助隊》を軸に《ゴロゴロ五朗》《ひとりぼっちのピンデレラ》を回していくスタイルになるだろう。
注意したいのは《味方想いのブローチ》を相手のアイテムカードでに上書きされること(詳細は揃えない天地の書のススメ参照)であり、早く引けばいいってもんじゃないことは明記しておく。



その他採用候補


名前: