ミラクルゾンビ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《怒首領蜂》
  2. 《スマイル》
  3. 《月の夜のヴァンパイア》
  4. 《第三座天使 連魂》
  5. 《ミラクルボーイ》

チェスト例
I  
I  
I  
E  
E  
E  

考察
《ミラクルボーイ》を育てることを目的に置いたデッキ。
言わずと知れた《怒首領蜂》《スマイル》コンボで好き放題に暴れるだけではなく、今回は《月の夜のヴァンパイア》も採用した。性能では《怒首領蜂》に劣るものの、事実上消滅しない点と強化される点で強気に攻めていけることが決め手となった。

《怒首領蜂》《スマイル》が消滅したタイミングで《第三座天使 連魂》をのアビリティを使用できれば、最大P,M6もミラクルを成長させることができる。この時点でH4,P7,M7という凶悪なユニットが誕生する。
ここまでバランスブレイカーになる前に勝負は決しているとは思うが、育てることがロマンのこのデッキは《ミラクルボーイ》が消滅してしまうととたんに脆さが目立つ。
高い機動力を生かして、消滅するタイミングを間違わなようにしよう。

その他採用候補

採用チェスト候補


名前: