ボムパーティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《花火師・ボマー》
  2. 《スマイル》
  3. 《ネクロマンサー アヤコ》
  4. 《魂薄蟲エ・フェメラ》
  5. 《デストロイヤー1号》

チェスト例
I 《割引券》  アヤコの試行回数を稼ぐ
I 《回復の秘薬》
I 《石つぶて》
I 《横2マスくんだよ》  アヤコの篭城に
E 《超☆はたき落とし!》 相手の《《大乱闘!!》《小型艦戦・発進!》を落としたい
E 《小型艦戦・発進!》

相手ユニットを問答無用で1体ずつ消滅させていく爆弾魔のデッキ。

全体の流れは
  1. 《花火師・ボマー》が5個のボムを全て撒く。
  2. 《ネクロマンサー アヤコ》だけは必ず残し味方ユニットを消滅させ、相手ユニットを3体にする。
  3. 《ネクロマンサー アヤコ》《デストロイヤー1号》のアビリティを使って敵全てを倒す。
この流れが決まれば任意のユニットに触れずして必ず倒せるため、負けることは無い。

各項目について詳しい手順を説明する。
1では《花火師・ボマー》《スマイル》で上手くボムを撒き続けたい。
1巡目か2巡目のどちらかでは必ず《スマイル》《花火師・ボマー》を動かしたい。
そうすれば2巡目の《デストロイヤー1号》のターンでは、既に5/3/3の能力になっている。
デッキの絶対条件として、《ネクロマンサー アヤコ》は倒されてはいけないので
緊急の場合は《スマイル》で動かして逃げることも視野に入れよう。

2では《デストロイヤー1号》とチェストによって引いたカードの効果、
《魂薄蟲エ・フェメラ》のダメージ調整を上手く使って相手ユニットを3体まで減らす。
《デストロイヤー1号》は相手にまとわり付いてでも、必ず倒されなければならない。
このとき、相手の方がサイクルが早いと《ネクロマンサー アヤコ》が倒される可能性が高いため、
アヤコのHPを満タンに保っているのであれば、2体以下にすることはお勧めしない。

3でついにアビリティを使用する。《ネクロマンサー アヤコ》の最大HPは4なので
コストを払って3回まで《デストロイヤー1号》の能力を使うことができる。
また、どこにいる相手でも消滅させられるため完全に篭城していてもエクストラターンで負けることは無い。

欲を言えば、最後に《ネクロマンサー アヤコ》で片付けに入っているとき、
敵がボムを踏んで数を減らしアビリティが使えなくなることは避けたいので、相手が踏みにくい位置にボムを配置する、
または2の段階で相手ユニット全てのHPを2以下に調整しておけばかなり安定する。


弱点は《ネクロマンサー アヤコ》が倒されれば強力なアビリティの使用回数が限られるということだろう。
《椿姫 カメリア》《ゴロゴロ五朗》《芭蕉蛙》《ツチナマズ》
《魂薄蟲エ・フェメラ》《磁石女 マグ姐》といったピンポイントでダメージを狙ってくるユニットは要注意。
チェストによってHPのカバーはするが、《ネクロマンサー アヤコ》がそれでも倒された場合は
《デストロイヤー1号》のアビリティは封印し、M3のユニット3体で開き直って殴り合おう。


《ネクロマンサー アヤコ》を軸としたデッキなので
アヤコンと相性が良い。組み込んでデッキを構築するのがおすすめ。

その他採用候補


ボムパーティ2

構築例
  1. 《花火師・ボマー》
  2. 《スマイル》
  3. 《デストロイヤー1号》
  4. 《磁石女 マグ姐》
  5. 《ふんどしガッパ》

直接ダメージを与えられる設置物「ボム」を駆使した設置物パーティ。

1、ボムをたくさん設置して《デストロイヤー1号》を育てる。
2、《磁石女 マグ姐》の範囲にボムを設置し、強制的に踏ませる。

という選択肢を補完できるユニットを今回採用している。
《スマイル》はボムの設置回数を稼ぎ、《ふんどしガッパ》《磁石女 マグ姐》でボムを踏ませられなかったユニットを強制的に踏ませることができる。
後述に記載するが、海パーティとの相性が非常に良い。

...「湿って爆発しないんじゃない」のなんて無粋な事を言ってはいけない。

その他採用候補


名前: