鉄壁パーティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《森の貴公子 プリンス・マロン》
  2. 《呪いのワラ人形》
  3. 《反撃するイノシシ アングリフ》
  4. 《大張り手 どすこい龍》
  5. 《魂薄蟲エ・フェメラ》


「攻めない」ことがコンセプトのデッキ。

ゲームのルール上、開始時はユニットの残り数はもちろん5対5。
このとき、どちらも攻めなければ残り総HPの多いプレイヤーの勝利となる。
相手の総HPがこちらを下回っていた時は一切の攻撃を止め相手からの攻撃を待つ。
そうでない場合はチェストを引くなどしてダメージを与えよう。

配置は割り切って完全篭城スタイルで良い。
相手の攻めを待って、《呪いのワラ人形》の呪いを狙う。
また、《森の貴公子 プリンス・マロン》は積極的に迎え撃つのが良いだろう。
《反撃するイノシシ アングリフ》は反撃できるHPを残しながら責めたい。

最終的には《魂薄蟲エ・フェメラ》でダメージ調整し、
といういずかれのダメージによって
相手が受けきれない状態にした時点で詰ませることができる。

弱点は遠距離ユニットである。
これに対しては、《地縛針》がピンポイントで刺さる。
《戦士フロント》も接触攻撃で発動するユニットと交換して組み込もう。

《回復のお供 おくすりロボ》を入れて呪縛サイクルに寄せたパーティも可能。

その他採用候補


名前: