ピエロ・コントロール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《奇術師・ピエロット》
  2. 《スマイル》
  3. 《パラライズモンキー アイアイ》
  4. 《椿姫 カメリア》
  5. 《忍者 脱兎》

いやらしいユニットを搭載した、究極の嫌がらせデッキ。
このデッキのコンセプトは簡単。《奇術師・ピエロット》を使いまわして相手の行動巡をかき回し
早々に自主退場させ、行動巡を早めた1~2体で暴れるだけ。構築としては
《奇術師・ピエロット》《スマイル》は固定。もう一枠、自主退場できる特攻役を用意しよう。
そして、できればフィニッシャーを2体用意しよう。ここではエクストラに強い《椿姫 カメリア》《忍者 脱兎》を採用したが、
殴り合いに強いユニットであれば何でもよい。蛙リンチなどでエースが落とされ積まないように、最低2体は用意すべき。

戦法としては、まず《奇術師・ピエロット》《パラライズモンキー アイアイ》を前線に配置し、
《スマイル》で使いまわす。こうすることで、これら3体の消耗と同時に、敵陣営の消耗、混乱を狙う。
3体が消滅した後は、消耗した相手ユニットを残り2体のエースで刈り取る。この時、行動順が有利になるように、なるべく均等に敵ユニットを消耗させていこう。
行動順の変更や同士討ちは、少なからず相手の戦略に影響を与える。
《奇術師・ピエロット》で行動ができない敵ユニットを作ったり、《パラライズモンキー アイアイ》でケツを向けたりしてやろう。
きっと相手は腹が立って、まともな思考ができなくなるだろう。そうなればこちらの思う壺である。
厄介なこの2匹が先に落とされれば、後は早く動けるエースたちが何とかしてくれるだろう。


弱点としては、やはり《奇術師・ピエロット》の効果がランダムなこと。
順序が全く変わらなくても、行動順はリセットされる。そこは確定としても、こちらの都合の悪い順になってしまうこともある。
そういった理由から、なるたけ早い段階で《奇術師・ピエロット》が退場できるように気をつけよう。
相手のユニット残数が減れば減るたび、《奇術師・ピエロット》の効果は使いにくくなり、このデッキとしても不利になる。
また、エース2枠が先に潰されてしまうのも問題である。こちらはコストのかかる★に加え、低ステータスである。殴り合いには不向き。
とはいえ、《奇術師・ピエロット》のMはそこそこ高いため、万が一残っても足を引っ張ることはないのが救い。





その他採用候補
もう1枠の自主退場