即成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《時計屋カイチュウ》
  2. 《覚醒歩兵 ナリ夫》
  3. 《スマイル》
  4. 《音響ファイター やうじ》
  5. 《funky トリカエッコング》

《覚醒歩兵 ナリ夫》をパネルの最前列に置き、《funky トリカエッコング》のパネル取り替えを使うことで
初手2ターンで相手の最奥9マスに到達させ成らせることができるというデッキ。

各ユニットの役割は
《覚醒歩兵 ナリ夫》…高PMによる相手ユニットへの牽制。また、厄介なユニットを速攻で落としにいくことも可能。
《funky トリカエッコング》《覚醒歩兵 ナリ夫》をパネル移動によって成らせる。
《音響ファイター やうじ》…汎用アタッカーとしてなるべく多くのユニットにダメージを与える。
《スマイル》《覚醒歩兵 ナリ夫》《音響ファイター やうじ》を回していく。
《時計屋カイチュウ》…成った直後の《覚醒歩兵 ナリ夫》の避難先、かつ《覚醒歩兵 ナリ夫》の攻撃範囲を伸ばすという仕事がある。

《覚醒歩兵 ナリ夫》はPM4という数値が魅力だが、打たれ弱いのが難点。このデッキでは《時計屋カイチュウ》《スマイル》によって上手にサポートして回してあげよう。
また、Mの低い《funky トリカエッコング》が役割を終えたあとにどう立ち回るかもカギとなる。
サポートとしては優秀なアビリティなので、中盤以降も活かしてあげるか、早めに退場するかを判断したい。

弱点は《覚醒歩兵 ナリ夫》が優先的に狙われてしまう点。デッキのコンセプトなので仕方がないが、《funky トリカエッコング》《覚醒歩兵 ナリ夫》という動きにこだわりすぎると戦い方を狭めることになるため、より臨機応変な動きが求められる。


名前: