地形コントロール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構築例
  1. 《爽幻のキリン》
  2. 《キノコの法師》
  3. 《焼平》
  4. 《深淵からの侵略者 エンベイダー》
  5. 《草原王 ライオンヌ》

任意の地形パネルを変更できる、《爽幻のキリン》《キノコの法師》を主軸にしたデッキ。
マップを自分の好きにいじり倒しつつ、高火力アタッカーで敵をなぎ倒す攻撃的デッキ。
構築例では草原パーティに寄せて構築している。
戦略は以下のとおり。

このデッキの強いところは、実質エースを5枚積めることにある。
どのユニットが倒されても、行動順の早くなった他のエースたちが何とかしてくれる。
地形を頻繁に変えることができるので、設置物パや他の地形パにも強い。
《キノコの法師》を主軸に、森パーティにもスイッチできる。

弱点は唯一足の遅い《キノコの法師》が残されがちなこと。とはいえ彼もp2あるため、殴り合いには意外と強い。
また、各地形パネルは最大4枚しか置けないため、パネルの枚数管理にも注意。
エースが活躍できるように、上手くパネルを変えていこう。


地形コントロール2


構築例
  1. 《魂薄蟲エ・フェメラ》
  2. 《爽幻のキリン》
  3. 《キノコの法師》
  4. 《焼平》
  5. 《大張り手 どすこい龍》

《大張り手 どすこい龍》のアビリティによって、相手がエクストラターンに入った瞬間に「詰み」に持ち込むデッキ。
こちらは《大張り手 どすこい龍》とMを上げた《爽幻のキリン》が最終的に残るのが理想。

地形コントロールの基本型と同様に《爽幻のキリン》の育成と《焼平》による攻撃を主とする。
異なる点は、ダメージ調整が入ること。
相手をエクストラに持ち込み勝利したいので、《魂薄蟲エ・フェメラ》によって敵ユニットの残りHPを1にする。
敵ユニットのHPを1にして《大張り手 どすこい龍》を積極的に前線に出して行きたい。

弱点は、《キノコの法師》に加え《大張り手 どすこい龍》のMも低いこと。
この2体が残ってしまってはこちらの方が追いつけなくて逆に詰んでしまう。
《爽幻のキリン》を育成したら《キノコの法師》も積極的に攻撃参加しよう。


名前: