《パラライズモンキー アイアイ》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

H4 P1 M3
★隣接した敵ユニット1体を対象にする。対象のユニットをこのターンのみ、自分のユニットとして扱い行動させる。
(コストH-1)

アペイロンの森に住む恐ろしい悪魔の使い。
不気味な指の動きで、触れずして相手の脳髄をかき回す。

敵ユニットを対象にした《スマイル》のようなユニット。
隣接する必要はあるが、敵ユニットを自在に操れるのはアイアイだけの特権。
散々かき回して、相手を煽り散らしてやろう。アイアイのできる悪行は次の通り。
  • 相手ユニットで相手ユニットを殴る
  • ターンエンドで、次の自軍ユニットにケツを向ける
  • 毒沼にダイブ、ボムに着地
  • 適当に歩かせて戦線離脱

しかし、実際に使ってみるとひとつの弱点が見える。それは、「隣接しないと操れない」こと。
隣接すること自体はm3族なのでそれほど困難ではない。しかし、隣接する、ということは
次の行動時までに、そのユニットの反撃圏内に確実にいるということになる。
これはh4かつ、コストを払うアイアイにとっては致命的である。それゆえ、大抵の場合効果を一度使えばお役ご免となる。
この弱点を克服するには、アイアイが効果を発動した後、そのマスから移動する必要がある。
《スマイル》との相性はバツグン。敵ユニットが密集していれば、アイアイで同士討ちさせやすく、また、反撃圏内から
アイアイを逃がすことも可能。また、アイアイを逃がすという点では《大扇天狗》とも相性が良い。
上手く運用して、2回以上アイアイの効果発動を狙ってみよう。



【このユニットを使ったデッキ案】



名前: