《地の書》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【アイテム】
《天の書》を読み解くことができる唯一の書物。

《天の書》と共にアペイロンを生み出した神のひとりが記したとされる。
運命と災厄について書かれた書物であり、この《地の書》だけでは読むことは出来ない。
二つの書が出会う時、新世界を創る力が手に入ると言われている。

《天の書》と同様に、条件は厳しいものの
ポイズンランプパーティを代表とするアイテムデッキに採用される。

また、あえて片方だけ採用するという戦い方もある。
揃えない天地の書のススメ

相手が天地の書パーティであったり、あえて《天の書》のみをデッキに入れている場合、
自分のチェストに《地の書》だけを入れることで、こちらが発動させることも理論上は可能。
いずれにせよロマンのあるアイテムである。

【このカードを使ったデッキ案】

【遠距離攻撃系アイテム】

【遠距離攻撃系イベント】



名前: