※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

異星人艦隊。勢力カラーは
正式名称は銀河女王国連邦(の、主に地球攻撃軍)。Saga1→SagaII間で「撤退」していた。
(エキストラパックにはおそらく銀河女王国連邦ではないギャラクシーエンジェルもいるにはいるが)

分類は名前のままイレイザー(天使)ばかりだと思われそうだが、天使族が支配下に置いているという設定に基づき、
ドラグーントライサイボーグマシンアンドロイドといったSF的な意匠を組むものも多い。

ストーリー中で容赦なく強力な攻撃を仕掛けてきたことから「消し去るもの(Eraser)」と名付けられた通り、
攻撃力のみに秀でた1/3/1という極端なステータスを基本とする。
耐久力が低いためアタックしても相打ちになってしまうことが多いが、1サイズ上の相手すら打ち取れてしまう。
このようなデザイン上、痛み分け上等のビートダウンが基本戦略となる。
キャラクターのみでも容易くこの展開に持ち込めるため、初心者にも扱いやすくオススメ。

バインドXまで備えたラッキー天使ナノチューンド・セクレタリーの抑止力は異常。
乙女回路や(擬似的な付与だが)スペースファイターなど、バインドを得られるカードはあまり多くない。

プロジェクトカードファストカードは効果が単純でなかったり、効果範囲が極端に広いものが多く、
小回りが効き辛く、時として大きなデメリットを生み出すものが多い。
イレイザー同士でのパニッシュメントIIはバインドを持っていた方が勝ち、
四大天使降臨は封殺、という状況を実際に味わってみればよく分かるはず。
…なのだが、木星軌道のように使い勝手が良いカードも稀に存在する。

また、宇宙怪獣地球攻撃艦隊旗艦“パニッシュメントII”とロマン溢れる(ネタ的な)カードも保有する。

勢力と分類の両方に同名称が存在するため混同しないように注意しよう。
なお、プロテクトと併記されているレジストの対象は大抵の場合勢力の方を指しているので覚えておくとよい。
また、実際のカードを手にする機会があるのならアイコンで容易に見分けることができる。