※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
2F/2C
スチューデント/スキャナー
4/3/3
1:目標の≪プレイヤー1人を目標とする、プロジェクトカードまたはファストカード≫の目標を、あなたの任意のプレイヤー1人に変更する。
2:目標の≪キャラクター1人を目標とするプロジェクトカードまたはファストカード1枚またはエフェクト1つ≫の目標を、あなたの任意の適正な目標に変更する。
2:目標の≪使用宣言中の、キャラクターを対象とする範囲のプロジェクトカードまたはファストカード1枚≫の対象を、あなたの任意の適正な目標に変更する。
No.1502/1507
Rarity:R/SP
Illustrator:樋上いたる
Expansion:隠者の森


カード考察

SagaⅠ、SagaⅡからの復帰ネームブレイク。
生ける空間歪曲な能力に磨きがかかり、昔あった目標のキャラへのダメージをプレイヤーに跳ね返す能力はなくなったものの、それに勝るとも劣らない能力を引っさげて帰ってきた。

1つ目のエフェクトは、遺伝子の力環境で流行した日照りカース・リチュアルなどを封殺してくれる。
エフェクトは含まれないので、ドラグナー“MKII”楽天使のプレイヤーを目標にするエフェクトは曲げることができない。
また、プレイヤー2人が目標のエデンの東も対象を変更できないのが残念である。

2つ目のエフェクトは、空間歪曲と全く同じテキストだった。
ブレイクにコストが掛かっている分、エフェクトのコストが空間歪曲のコストより軽くなっている。

3つ目のエフェクトは、現環境で流行のカードの大半を否定できる。
パニッシュメントIIデス・ルーンなどの焼きはもちろん、アイスウォール呪縛などのロック系や、四大天使降臨などのパンプアップ系まで各色の優良カードに幅広く対抗できる。
また、こちらは2つ目のエフェクトと違い、使用宣言中の物しか対象を変更できない。


なお、某所でアシュレイのエフェクトを曲げよう的な事が書かれていた。
まぁ、確かに嘘は書かれていない。
が、1コストの方のエフェクトを曲げなければならない状況はそうは訪れないだろう。
打点と耐久5は意外と止めきれないので、そのような状況が全くないとは言い切れないが・・・・・・。
もちろん、3コストのエフェクトはブレイクカードが目標のため、曲げることは不可能である。

余談だが初代後なおレンジャーの中で唯一AAAに収録されなかった。
好きな食べ物は寿司だが相方は魚を食べられない。

2010年12月5日付でテキスト修正あり。

○類似カード
空間歪曲