※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
極星帝国
2F/2C
ミスティック/スキャナー
4/4/3
≪このキャラクター≫から、あなたの支配キャラクターのアンデッドのアタックコスト・ガードコストを
代わりに支払うことができる。
1:≪このエフェクトのコスト≫を、勢力なし、アンデッドの0/(X)/1のあなたの支配キャラクター・死霊として
セットする。Xはあなたのダメージ置き場のカード枚数に等しい。
3:≪このエフェクトのコスト≫をダメージ置き場に置く。目標の≪必要ファクターが満たされている、
あなたの捨て札置き場にあるブレイクカード1枚≫を、あなたの支配キャラクターとしてセットする。
パワーカードフェイズ終了時まで、目標はアンデッドを得る。パワーカードフェイズ終了時に、
このエフェクトの効果でセットされたキャラクターを構成するカード全ては、あなたのダメージ置き場に置かれる。
No.1559
Rarity:UC
Illustrator:すぎやま現象
Expansion:隠者の森


カード考察

隠者の森特有の、読むのが面倒なカード。
何故昨今のカードはこうもテキストが長いのか。

アビリティは非常に優秀。
後述のエフェクトで呼び出したキャラクターアタックコストガードコストは勿論、
アンデッド“ソニア・ホノリウス”コストを肩代わりしてやれば、
精神攻撃バトルダメージに対策の取れていない相手にワンサイドゲームが展開出来る。

1つ目のエフェクトに関しては、ブラッドマスター“未依奈・ハーカー”等で有名なもの。
ネクロマイスター“グレース・ディアディム”エフェクトが無効化されれば、死霊が消滅するのも同様。
耐久力は1だが、例によって勢力なしなので夏休みの危険性はない。
ただし、闇雲に出しても大した効果を得られないばかりか、こちらのデッキの消耗が激しくなるだけ。
加えて通常攻撃力を持たない為、カース・リチュアルで飛ばせなかったり、
アイスウォールが撃てなかったりなど、若干使い勝手が悪い。
ペネトレイト相手には封印安定。
とは言え、精神攻撃力に弱い勢力は勿論、2つ目のエフェクトにより自分のダメージ置き場を増やせば、
爆発的な精神攻撃力を持つ事を考えると決して悪いエフェクトではない。

2つ目のエフェクトは、アビリティと1つ目のエフェクトとの相性は良い。
ゾンビパウダーと同じくこのエフェクトによってセットしたキャラクターを、
パワーカードフェイズ終了時までに除去すればデメリット効果を無視出来る。
逆にそうでもしないと、とんでもない勢いでダメージ置き場が肥えることになる。
ネームレベルが呼べる代わりに必要ファクターを満たすという制約がある。
さらにフルパワー状態でも一回しかアタック宣言が出来ない(この子がいればあるいは・・・)。
と、地味にこちらも使い勝手がいいとは言えない。
カース・リチュアルが手札になかった場合を考慮すると4ダメージが確定する。
相当いいカードを引っ張ってくる必要があるが・・・
エフェクトが消されたら泣くしかない。

互いのアビリティが生むシナジーが高い。
精神攻撃力さえメタられていなければ、多分最良手。
カース・リチュアルの対象外になるが死霊の事もあるので、最初からカース・リチュアルを入れないという選択も。

純粋に殴り勝てる。
ブレイクスルー持ちなので、突破力では不朽の歌姫“ディネボラ”以上。

手札0、さらに自分の場にフルパワーの屍姫がいればバインド0による攻撃が、最大4回行える。
試してみる価値は十二分にある。
まあ、残念なことに屍姫が代わりにアタックコストを支払ってもアタック宣言しているリースが持つオフェンシブは解決されるためバインド0による攻撃は続かない。
アタックコストを変わりに払えるのは相手の計算を崩せるのでこのカードの検討は十分にありえる。