※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MTG発祥で他TCGでも使われている用語。
数あるデッキタイプの1つ。
意味としては「許可する」など。

大量のカウンターと少量のエンドカードで構成されており、ゲーム内でプレイされて良いカードを自分の意で決定する事をデッキコンセプトとしてる。その為、対戦相手は「○○○をプレイして良いですか?」と許可(permit)を得る必要がある。それが、このデッキタイプに対する名称の由来となった。

相手のブレイクコンバットトリックへのカウンター等を大量に投入し、相手の行動を阻害するデッキタイプ。
送り雛悪夢の騎士等が挙げられ、相手の打つ手がなくなってから一気に押し倒すのが主流。
デッキの動かし方や構成がかなりの玄人向けな上、アクエリではバーン同様効率が悪い為、こちらもあまり見かけることはない。

ブレイクカードに対するカウンターが存在しないので、アクエリでこのデッキコンセプトを実現するのは不可能。
近いデッキをアクエリで組むには、プロジェクトカードファストカードに対するカウンターを大量に擁する阿羅耶識を使うか、ファクターを減らす事ができるエフェクトファストカードで擬似的なカウンターを実現する。
ファクターを減らすカードとしては、直接的にファクターを失わせる次元迷宮ハンズ・オブ・グローリィの他、ダークベインシャドウベイン等のダメージによる除去が挙げられる。
近いデッキとしてはSagaII時代のFCGカーリーチャームが挙げられる。