※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俗に言う「ハッタリ」。
相手に非公開でなければ意味がない。

フィールドに存在するカード等から『ここで攻撃をした場合、相手キャラクターを倒す事が出来るが、もし○○を相手が所持していた場合は逆にこちらが不利になる』といった感じで相手に足止めをさせること。

例:デジタルフュージョンがダメージ置き場にある時に手札を2枚握っていると、相手はそれがデジタルフュージョンブレイクカードではないかと警戒し、アタックを躊躇う場合がある。

ただし、「手札にデジタルフュージョンブレイクカードがあれば、相打ちが出来ますよね~。」等と発言すると、ミスリードを通り越して失格になり得るので注意。
あくまで相手が自発的に警戒すること。
例え自分がブラフを仕掛けても、相手がそれを警戒しなければ当然無意味。

最近では、シャドウスラッシュがダメージ置き場にある(またはコストの支払いで相手に見えた)時に、対戦相手に「手札は何枚ですか?」と訊ねるなど、心理戦も進化しているので注意。