※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優位性、何か一点に対し、相手と自分、どちらが優位に立っているかの指針。
その局面において、どちらが優位かを判断する材料となる。

幾つか種類がある。

1:ボードアドバンテージ
場における優位性の事。
場に出ているカードは目に見える情報であり一般的にはこの情報をもとに相手の選択肢を想像し、その対処法を構えたりしつつ自分の展開を築くことが必要となるので優先順位が高い。
ただしそれだけ除去の対象になりやすいのでむやみにこちらのアドバンテージを稼ごうと考えるのも考え物である。

2:カードアドバンテージ
使用可能なカードの枚数。
使えるカードが多い=行動の選択肢が増える、ということなので重要。
カードを毎ターンドローし、それをリソースとして使用するというアクエリの性質上使用可能なカードの枚数が多い方が有利になるのは明白である。
ドロー+スキル大祓祝詞卑弥呼エフェクト等で相手より多くのカードを引くか荼吉尼天経デス・ルーンパニッシュメントIIといったカードでの大量除去を行う事で獲得できる。

3:リソースアドバンテージ
その状況において、どれだけのリソースが使用できるかということ。
使えるリソースが多ければそれだけカードの使用やアタックなどのコストを使用することが出来る。
アクエリにおいては基本的にはコストを含むリソースは再利用不可であるため割と重要。

4:ライフアドバンテージ
デッキ枚数やダメージ置き場の枚数など、勝敗の直結する要素の差。
アクエリの場合、ダメージ置き場を上限にするか、ドローアウトさせるかにより終盤のプレイングが変化する事が多い。
相手にデッキの残り枚数を聞かれた時には、正確な枚数を答えよう。
故意でも過失でも、間違った枚数を答えれば立派なルール違反。

5:ターンアドバンテージ
ターンに関する優位性。
先行などにより1ターン早ければ、それだけキャラクターの支配、ブレイクの展開などで優位に立てる。
特にアクエリでは、ネームブレイクが被った場合など先に出さないと出したくても出せないといった状況に陥りやすいために非常に重要。
ハロウィンナイトなどは、パワーカードをはがしてお互いほぼ動けない状態にすることにより、ターンアドバンテージを稼ぐカードとなる。