※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その効果を受けるカードがいない状況、または発揮出来ない状況において該当カードを使用する行為。
アクエリにおいては「使用可能でない状況、使用可能にならない状況ではそのカードは使用出来ない」という明確なルールが存在する為、空撃ちはルール違反となる。
ただし、意図か過失かによって空撃ちプレイミスかが変わってくるので、細かいところはその都度ジャッジに判断を仰ぐべき。

空撃ちの例としては、


などが挙げられる。

空撃ちでない例としては、

(あくまで効果を受けないだけであり、目標とすることは可能。)
(全て=0も含むため。)
エフェクトを使うことにより、「使用可能な状況」になる為。ただし、そこでエフェクトを使用しなかった場合の判断はジャッジへ。)

などとなる。

一番最初にも記載した通り、空撃ちプレイミス不発はそれぞれが似ているが、その場の状況によって異なる為、必ずジャッジを判断を仰ぐこと。