※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

既に自分の場にあるブレイクカード(主にネーム)の上に、同じブレイクカードをブレイクすること。
または、単に同じキャラクターを何回もブレイクしてブレイクカードを何枚も重ねていくこと。
普通にやる分には無意味でしかないが、自分や相手の状況によっては多大なデメリットを回避、ないしはメリットを得る事ができる。

このようなプレイングをする状況としては主に、重ねブレイクを前提にデザインされているカードの存在が挙げられる。
特に惑星シリーズの各勢力コンセプトキャラクターは同じネームを持つカードを重ねることで強化されるギミックが搭載されている。
またナナディーヴィ竜進化と言ったような重ねブレイクをすることによってメリットを得られるカードを使用する場合に、その下準備として軽ブレイクなどを重ねる。
秋緒イースタータイムパラドックスのように本来は重ねブレイクを前提としていなくても、重ねることによって何らかのメリットが生まれる場合もある。

他には、対(特にアシュレイ)の時に自分のメインを重ねブレイクする。
特に多段ブレイクは、2段のブレイク宣言にレスポンスで1段を捨て札されるとブレイク条件が満たせずブレイクに失敗するので、先に1段を重ねておく必要がある。
また、相手の支配エリアにアシュレイがいなくても、エナジー・ドレインを警戒してメインを重ねブレイクする光景をよく見かけたりする。


ただし、ネームを重ねすぎたせいでバトルで捨て札された時にダメージアウトしたり、重ねブレイクはしたけれどそのせいでパワーが回らず身動きが取れないようでは意味がないので、その辺りのさじ加減も大切である。