※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分のターンのメインフェイズに行うことができる、キャラクターに攻撃をさせる宣言
コストとなるパワーカードを1枚払って行う。
また、カードの効果によってアタック宣言が行われる場合があり、(龍眼“天道 みづき”など)この場合はコストは払わない。

目標として、相手プレイヤー1人、または自分のアクティブキャラクター1体を選択する。

相手プレイヤーに対してアタック宣言を行った場合
相手は支配キャラクターでガードコストを払いガード宣言をすることができる。
ガード宣言が行われた場合、ガード宣言したキャラクターとアタック宣言したキャラクターとの間でバトルが発生する。
ガード宣言が行われなかった場合、相手プレイヤーに対してのアタックが行われ、与えられたダメージの分だけ相手はダメージ判定する。

自分のアクティブキャラクターに対してアタック宣言を行った場合
目標になったキャラクターはガードコストを支払うことなく自動でガード宣言し、
アタック宣言したキャラクターと目標になったキャラクターとの間でバトルが発生する。

スレッジ・ハンマー“Works317”などのエフェクトでは、支配キャラクターや勢力キャラクターアクティブキャラクターでなくてもよい)を目標にアタック宣言することができる。

支配キャラクターに対してアタック宣言を行った場合
アタック宣言されたキャラクターのオーナーは、プレイヤーに対してアタック宣言されたときと同様に、任意の支配キャラクターでガードコストを払いガード宣言をすることができる。(アタック宣言されたキャラクター自身でガード宣言することも可能)
ガード宣言が取り消されたり行われなかったりしてガードが実行されなかった場合、アタック宣言されたキャラクターはバトル以外のダメージ扱いとしてアタック宣言したキャラクターの攻撃力分のダメージを一方的に受ける。

勢力キャラクターに対してアタック宣言を行った場合
目標になったキャラクターはガードコストを支払うことなく自動でガード宣言し、
アタック宣言したキャラクターと目標になったキャラクターとの間でバトルが発生する。