※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
2F/1C
ワーカー♂/スカラー♂
4/3/3
ドロー+1
1:メインフェイズ終了時まで、目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫にイニシアチブを与える。


カード考察

序盤では、ただの重い補給係。
中盤からはお得意のイニシアチブを仲間にばら撒いて仲間を相討ちの危機から救う、ライトニングスパーク発生装置。
しかし終盤ではドローが邪魔になりがちで、総じてやや扱いにくさが目立つ。
そもそも、エフェクトを多用しないなら前述のライトニングスパークを投入すれば済む話である。

ワーカー♂分類では4人(2段目のみワーカー♂を持つ中島 虎徹を含めれば5人)しかいないネームレベルであり、同色ワーカー♂では唯一となるアタッカーの斎木 直哉との相性はそれなりに良い。

似た効果のカードに、チャージ2を持つ檜村 柾之が居るが、このカードはブレイクコストが安い点、エフェクトが比較的扱いやすい点で勝る。
反面、あちらはウォリアー分類を持つため比較的男性分類の多い黄色と組む事が容易な点、スキルがチャージ2であるために安定した運用が見込める点で劣る。

ワーカーは男女によって極めてその優遇の度合が異なり、ワーカー♂でデッキを組むこと自体が大きな制約となるほどである。
そんな理由から、麗名の投入されたデッキには、横取りブレイクを避けてワーカー♂分類のキャラクターを入れる例も少なくない。
このカードはそれを逆手に取れる可能性があるという点で、評価に値する。
さらにブレイクの後、このキャラクター自身は主に補給とサポートに回り、バトルを行う機会が少ないため、麗名のレジスト?もそれほど心配する必要はない。

そういった相性の良さから、麗名を投入したデッキにこのカードを併せて投入することも考えられる。
麗名によるチャージを阻害してしまうが、安定したファクターの確保につながり、麗名がサーチしたカードを使用する上での助けとなることが考えられる。

また、カジュアルプレイに関してなら、現在Saga3のカードでは唯一の教師であることから、スチューデントメインのデッキに投入するのも面白い。
エフェクトで生徒達を相討ちから守ってくれるだろう。