※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
WIZ-DOM
3F/3C
タレント/ゴースト
4/(4)/4
インターセプト 
≪エフェクトの使用宣言またはアタック宣言またはガード宣言した、スキルまたはエフェクトを持つ、このキャラクター以外のキャラクター≫に、Xダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。
≪支配キャラクターから支払われたアタックコスト≫は、そのオーナーの手札に戻る。
≪あなた以外のプレイヤーの支配キャラクター≫は、このキャラクターを目標にアタック宣言可能。
No.2574/2581
Rarity:R/SP
Illustrator:久坂宗次
Expansion:修行者の魂


カード考察

絶神の戦車にて専用パーマネントフレイヤの猫車だけが先に収録されていたが、約半年遅れでようやく使用者の方が登場した。
イラストはいろいろな意味でやばい。

SagaⅠ・SagaⅡと登場し続けている古株で、スキルエフェクトを持つキャラのアタック宣言などに自動的に精神ダメージを飛ばす能力をもって毎回登場している。
今回もその能力に磨きをかけて復帰した。

一つ目のアビリティは、スキルエフェクトを持つキャラの動きを大幅に制限するもの。
インターセプトを持っているものの、自分自身はちゃっかりこのアビリティの対象から外れているのもポイント。
修行者環境下、1F0Cの軽ブレイクECBのキャラクター・ブレイクコストバックされるキャラクターが採用されやすく、デッキの中からは相対的にシールドを持つキャラクターが減ってきている。
このため、フレイヤ側が一方的に動ける場が出来やすい下地が出来ている。
また、以前はパワーに依存したダメージを飛ばしていたが、今回は攻撃力に依存したダメージを飛ばすのでダメージ量が減少しにくくなっている。
なお、「Xダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。」というテキストは、精神攻撃力であれば精神ダメージが飛ぶ効果である。精神攻撃力でも通常ダメージが飛ぶわけではない(QA-1798・QA-1799を参照)。
後発キャラの方が強く設定されてしまうのがTCGの常とはいえ、能力が被り気味なアンドレアさんの立場が危ぶまれる。

二つ目のアビリティは、オフェンシブアビリティ版のようなものである。
効果の対象は対戦相手にも及ぶのだが、一つ目のアビリティでアタック宣言できるキャラが限られてくるため、実質的には相手に恩恵が行く機会は少ない。

三つ目のアビリティはデメリット能力といっていい。
一つ目のアビリティで盤面を支配できるものの、このアビリティによって対戦相手のキャラから狙い撃ちされてしまう。
しかしそんなデメリットも猫車をセットすれば解決するのだが。

勢力フェイズ▼(アグレッシブ)を持つアクティブキャラクターがオーナーにアタック宣言してくるが、この時もフレイヤのアビリティが効果を発揮し、アクティブキャラクターにダメージが与えられる点に注意。
また、勢力エリアにいるキャラクターに与えられる精神攻撃は、支配エリアにいるキャラクターとは処理が異なる。
パワーカードを減らすのではなく勢力キャラクターが受けた精神ダメージと、その勢力キャラクターの精神力を比べ、両者が同じか、精神ダメージの方が大きい場合捨て札される。

○関連カード
フレイヤの猫車